;

ファッションマガジン

バーキンが金よりも堅実な投資対象?

バーキンが金よりも堅実な投資対象?の画像

しかしそう簡単に入手できるものでもない......。

By i-D Staff translated by Shinsuke Kuriyama at WORDSBERG Inc.

birkins-20171205_001.jpg
@kimkardashian

This article was originally published by i-D UK.

もし堅実な投資を考えているならバーキンが最適かもしれない。コレクターやハイエンドの消費者向けにHERMÈSやCHANELのバッグを取り扱うショップ<Bag Hunter>は金(きん)、S&P 500(米国株式市場の株価指数)の採用銘柄、バーキンの価値変動を比較する調査を行なった。そして安定してもっとも高い年間純益があるのがバーキンであることが明らかになった。実際バーキンの価値は1984年の発売当初から安定した上昇を続け、これまでに一度も下降していない。

バーキンは一貫して100万円単位で販売されている。だから誰もが投資目的で購入できるものではない。買うだけのお金を持っていたとしても購入できないかもしれないが......。

HERMÈSの店舗に行けば必ず買えるわけではないのだ。それはHERMÈSが意図的に稀にしか取扱店に卸さないから。その不安定な供給によって希少価値が生み出され、バーキンに神話レベルのステータスをもたらしているのだ。

需要が急騰し続けるなか、供給を抑えることでHERMÈSは、バーキンの価値を確かなものにしてきた。しかし誰もがバーキンを美術品のように扱っているわけではない。2010年、人気絶頂時のレディ・ガガはペンで落書きしたバーキンを持って現れた。キム・カーダシアンはカニエ・ウェストからプレゼントされたバーキンを2つ所有しているが、ひとつにはジョージ・コンドの絵、もうひとつは娘のノース(North)によるが描かれている。