;

Webテクノロジーに関する話題を発信するニュースサイト

タイプライターを彷彿とさせるレトロキーボード登場

タイプライターを彷彿とさせるレトロキーボード登場の画像

Macユーザーで、PC回りを可愛くしたいという人向けのメカニカルキーボードが登場した。丸いキーキャップがタイプライターを彷彿とさせる「Four Seasons」。

クラシックな外観ながらMacレイアウトで、しかもワイヤレスでも使えるというレトロかつモダンなキーボードだ。

・キーを再アレンジ

Four Seasonsは香港のスタートアップLofreeが手がけた第二世代キーボードで、現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達中。

第一世代もIndiegogoで70万ドル(約7800万円)以上を集めるなど人気を博し、今回はキーのカラーや配置、形をアレンジしての再登場となった。

・Windowsにも対応

fullsizeoutput_3909-300x225.jpg

Four Seasonsの最大の特徴の一つが、完全Macレイアウトとなっていること。Lofreeによると、市場に出回っているメカニカルキーボードの99%がWindowsレイアウトで、Four SeasonはMacユーザーを強く意識した貴重な存在といえる。

といってもMac以外の機種(iOS、Windows、Android)にも対応し、3台までペアリングできるので、MacもWindowsも使うといった人にはうってつけだろう。

・白、水色、グレー、黒の4色

fullsizeoutput_390b-300x225.jpg

また、ほとんどのメカニカルキーボードがケーブルでつなぐタイプだが、Four Seasonsはケーブルあり・なしどちらにも対応する。

今回は色のバリエーションも広がり、白、水色、グレー、黒の4色を用意。オフィスやリビングの雰囲気に合わせて選べる。

Four Seasonsは現在、74ドル(約8300円)〜。出資はあと1カ月ほど受け付け、来年3月の発送を予定している。

Four Seasons/Indiegogo