;

世界のトレンドを発信するメディアプラットフォーム

Apple、個人間送金サービス「Apple Pay Cash」の展開スタート

Apple、個人間送金サービス「Apple Pay Cash」の展開スタートの画像

APPLE

"現金での割り勘"が近い将来消えるかも......?

By Kentaro Harumiya

Apple(アップル)」が先日公開したiOS11.2から、2017年6月の「WWDC 2017」で発表された際にも注目を集めた個人間送金機能サービスの新機能"Apple Pay Cash"の展開をスタート。現時点で"Apple Pay Cash"が展開されているのはアメリカ国内のユーザーのみで、対応端末はiOS 11.2以上で動作するiPhone SE以降のiPhone端末やiPad Pro、iPad(第5世代)、iPad Air 2、iPad mini 3、iPad mini 4、Apple Watch。

"Apple Pay Cash"を使用する際にはApple Walletにクレジットカード/デビットカードを登録し、実際の友達や家族への送金はiMessageもしくはSiriを経由して行われるとのこと。送金するお金はApple Walletに登録されているカードから引き落とされ、受け取る側はApple Pay Cashカードというバーチャルギフトカードとして端末内に保存、その後Apple Pay Cashカード内に保存されたお金は自分の銀行口座に移すこともApple Pay対応店舗での支払いに充てることもできる。

残念ながら先述の通り"Apple Pay Cash"が提供されているのはアメリカ国内のみであり、日本を含むアメリカ以外の国や地域での展開計画は未だ不明だが、個人の財布間での煩わしい"割り勘"の解消法の1つを「Apple」が日本でも提供してくれる日を引き続き楽しみに待とう。

その他『HYPEBEAST』がお届けするテック関連の最新ニュースも併せてチェック。