;

ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

ワコール、パリの「クリエイターイヤー2018」受賞

ワコール、パリの「クリエイターイヤー2018」受賞の画像

【パリ=松井孝予通信員】パリ国際ランジェリー展(SIL)とパリ合同展で構成するパリ・キャピタル・ド・ラ・モードは、優れたランジェリーメーカーに贈る「クリエイターイヤー2018」賞をワコールに与えると発表した。授賞式は来年1月20~22日にパリ国際見本市会場で開かれるSILの初日に行われる。

【関連記事】ワコール クリスマスや新年を赤い下着でハッピーに

ワコールは、欧州で機能性ランジェリーの新市場を開拓し、欧州女性のテイストに合わせたマーケティングや商品開発に注力し、シェイプウェアと呼ばれるカテゴリーを確立した。SILを主催するユーロヴェットは、「ワコールはイノベーションとテクノロジーに基づき、女性一人ひとりのからだを美しくしている」と、同社の功績を称えた。同賞はこれまで、欧州大手が獲得してきた。

ワコールホールディングスは、欧州事業再強化を目的にワコールヨーロッパを15年1月にスタートさせた。ワコールヨーロッパは、現在「ワコール」のほかに「フレヤ」「ファンタジー」など6ブランドを展開する。主力のワコールは欧州市場で今シーズン、鮮やかなレッドのレースを使用した機能性ランジェリー「セクシーシェイピング」を展開している。

wacoal-creators-year2018-20171205_001.jpg

今シーズンの「セクシーシェイピング」