ANREALAGE

 第11回「東京発 日本ファッション・ウィーク(JFW in Tokyo)」最終日、すべてのショーのラストを飾ったのは「ANREALAGE(アンリアレイジ) 」。2010年10月22日、渋谷ベルサール渋谷ファーストで2011年春夏コレクションを発表した。

 「ANREALAGE」にとって3年ぶりとなるショーはピアノの生演奏でスタートした。生地はこれまでインスタレーションで発表してきたパッチワークやジャガードを使用し、今回のショーでは「造形に力を入れた」と語るデザイナー森永邦彦氏。"無形なものを形に"というアプローチから空気に着目し「S DESIGN LABO」の定岡壮一郎氏とともにエアボディを制作。そのボディにあわせて服作りを行った。

 肩からトップス、ボトムス、そしてワンピース全体と各所がエアボディで膨らんだ状態でモデルが登場。気球をモチーフにした柔らかい色合いの柄やブランドが得意とするパッチワーク、ビーズで制作されたベストなど、アイテムの細かなディテールが空気を含んだ体に沿うことで際立つ。フィナーレでは空気を抜き、スーパーバルーンやドレープの効いたリアル・クローズであることを証明。体の形からは極端に離れた服がショーを幻想的な雰囲気に包みこみ、美の定義を改めて払拭したコレクションとなった。

2010.10.23 (12:00)

  • Photo by: Fashionsnap.com
  • @渋谷ベルサール渋谷ファースト
  • Date: 2010.10.22
  • Time: 21:30