「HISUI(ヒスイ)」が10月21日、東京・渋谷の「belle salle SHIBUYA FIRST」で2012年春夏コレクションを発表した。

 鉛のひまわりが咲く会場とは対照的に、アーティストの二羽高次によるゆったりとしたギター弾き語りのなか、優しい色合いや懐かしさのある柄、温かみのある素材など、とろけるような柔らかなショーを展開。ラストルックを飾ったシルバーのショートドレスは、ひまわりと同じ鉛でできている。震災から数ヶ月が経ち、不安や恐れ、不満などを潜かに持ちながらも変わらず日常を過ごしている"私たち"の心情を「Feeling of melting」とのテーマに込めたデザイナー伊藤弘子。「鉛は放射能を防ぐのには効果的だけど、着用することはもちろん実用性は望めない素材。矛盾を持ちながら生きる私たちの現状、社会を、コレクションに反映しました。」と先シーズン同様、強く重みのあるメッセージを発信した。

2011.10.21 (23:30)

  • Photo by: Fashionsnap.com
  • @belle salle SHIBUYA FIRST
  • Date: 2011.10.21
  • Time: 21:30