「yoshio kubo(ヨシオ クボ)」のデザイナー久保嘉男氏が手掛ける「undecorated MAN(アンデコレイテッド マン)」が、2012年春夏コレクションを発表した。今シーズンは、モダンなウェアに手仕事の温もりを感じさせるクラシックな要素をミックスしている。

 シンプルなシルエットやシンメトリーなデザインを基調としつつ、ドロップショルダーのポンチョシャツやショーツ付きパンツなど、レイヤードやビッグシルエットが特徴。カラフル&ヴィヴィッド、グラフィックワークやモチーフ使いでメキシコのトライバルな要素を加え、カッティングに特徴のあるプレーンなアイテムには伝統的な染めを施した。「着飾らない事とは何か」という疑問を投げかけている。

2011.11.28 (16:00)