スタバ新サイズは1リットル弱の特大 "トレンタ"

画像: Fashionsnap.com

 「STARBUCKS(スターバックス)」から、これまでドリンクの最大サイズだった"べンティ"より大きい新サイズ "Trenta(トレンタ)" が誕生した。容量は、1リットルに迫る勢いの31オンス(約916ミリリットル)。まずはアメリカの一部の地域において、1月18日より提供を開始する予定だ。

 欧米では、時折びっくりするような特大サイズのフードやドリンクを目にする事がある。特に現地の「セブン-イレブン」などでは、セルフサービスで販売されているドリンクの中でも、なんとハーフガロン(1.89リットル)入りのカップが存在するというから驚きだ。日本の飲食業界でも数年前に"メガ盛り"ブームが訪れたが、最近は下火になってきているようだ。

 スタバのドリンクサイズといえば、"ショート(240ml)"、"トール(350ml)"、"グランデ(470ml)"、そして"べンティ(590ml)" の4つが基本。日本ではLLサイズに値する "ベンティ" のオーダーはあまり多くないそうだが、その更に上をいく特大サイズが登場するとのことだ。その名も、イタリア語で30の意を持つ "トレンタ" 。31オンスというボリュームが名前の由来になっている。

 新サイズ "トレンタ" の対象となるのはアイスコーヒーとアイスティーの予定で、まずアメリカのバージニア州、ジョージア州、フロリダ州、テキサス州、ハワイ州、アリゾナ州など14の地域にて、現地時間1月18日より提供を開始。続いて2月1日よりカリフォルニア州、5月よりアメリカ全土のスタバ店舗にて販売が予定されている。なお、気になるのは日本展開について。スターバックス・ジャパンに尋ねたところ、「日本を含む他国の展開予定については未発表」とのことだ。しかし、スターバックスの公式Twitter(ツイッター)では「Yes it is true - the Trenta is coming later this year. 」とつぶやかれている。特大サイズのスタバドリンクを日本で買えるのはまだしばらく先になりそうだが、今後の展開が気になるところだ。

 ちなみに、「STARBUCKS」は今年で誕生40周年。これにともない、2011年春にはブランドロゴのリニューアルが予定されている。

Visualize the Size of the Starbucks Trenta Cup