Business News

ユニクロが被災地に総額14億円寄付 ヒートテック30万点寄贈

2011年03月14日 16:45 JST
追加情報!

【9/12追加支援発表】9月17日より岩手県、福島県、宮城県の被災地へ、ヒートテックや下着類、ウルトラライトダウン、ニットなど秋冬商品の商品約8万着、約1億2千万円相当を寄贈。社員約50名が現地に赴きボランティア活動を行う予定。

【6/10追加支援発表】ドライポロシャツや、ショーツ、トランクス、ソックスなどの下着類、ユニクロの商品約22万着、約2億4千万円相当を寄贈。社員も現地で物資配布のボランティアに参加予定。

 ユニクロを運営するファーストリテイリングが3月14日、東北地方太平洋沖地震の発生に伴い、被災地への義援金としてグループ総額14億円を寄付する支援策を発表した。さらに、ヒートテック30万点など7億円相当の衣料品を寄贈する。

Our Sponsor

 11日に発生した国内観測史上最大規模の東北地方太平洋沖地震を受け、ファーストリテイリングは被災地に対して最大の支援を行うことを発表した。特に被害が大きい宮城、岩手、福島、青森、茨城の各県に対して、グループから3億円、全世界の従業員から1億円、代表取締役会長兼社長の柳井正個人から10億円の義援金を用意。グループ総額14億円を、日本赤十字などを通じて被災地に寄付する。

 また、被災地への支援物資として、生活ニーズの高い防寒衣料のヒートテック30万点をはじめ、各種肌着類、各種アウター類、ジーンズ類、タオル類など、「UNIQLO(ユニクロ)」「g.u.(ジーユー)」両ブランドの衣料等7億円相当を寄贈する。

 さらに、全世界の「UNIQLO」「g.u.」「COMPTOIR DES COTONNIERS(コントワー・デ・コトニエ)」「PRINCESSE tam.tam(プリンセス タム・タム)」「Theory(セオリー)」約2,200店舗に募金箱を設置。グループ全力を挙げて最大の支援を行う。

■東北地方太平洋沖地震の都道府県別、災害救援情報まとめサイト
 SAVE JAPAN!:http://savejapan.simone-inc.com/

■被災地での生活を助けるデザイン・アイディアを集めたサイト
 OLIVE:https://sites.google.com/site/olivesoce/

Amazon ロゴ

About UNIQLO

  • ユニクロについて
  •  日本のカジュアルブランド。持株会社ファーストリテイリング傘下のSPA(製造小売業)企業。1984年に1号店をオープン。現在、メンズ、ウィメンズ、キッズ、グッズ、インナー、ホーム雑貨などを展開している。  いつでも、どこでも、だれでも着られる、ライフスタイルの部品としての服を提案し、新たな可能性を追求。常に、優れたクオリティ、デザイン、テクノロジーを取り入れ、それをより気軽に手に入れられる価格と価...詳しく知る