World News

2012年の流行色はタンジェリン タンゴ、米パントンが発表

2011年12月30日 13:10 JST

 1963年創業のPantone(パントン)が、2012年の流行色をTangerine Tango(タンジェリン タンゴ)と発表した。Tangerine Tangoは元気な赤みがかったオレンジ色。色の標準を示す色見本帳を手がけているアメリカ・ニュージャージーの企業Pantoneは毎年、カラー・オブ・ザ・イヤーとしてその年を代表する色を発表している。

Our Sponsor

 過去数年間、デザイナーにも消費者にも同様に取り入れられる色としてオレンジは人気がある。なかでも挑発的に人目を引くTangerine Tangoは、特に男女のファッションに多く取り入れられている色だという。また、「TOMMY HILFIGER(トミー ヒルフィガー)」や「Nanette Lepore(ナネットレポー)」、「Cynthia Steffe(シンシア・ステフ)」 、「Charlotte Ronson(シャーロット・ロンソン)」などPANTONE Fashion Color Report Spring 2012でフィーチャーされるブランドのデザイナーが春夏コレクションにTangerine Tangoを取り入れいていることも理由としてあげられた。Pantone Color Institute®の専務取締役Leatrice Eisemanは、2012年の色としてあげたTangerine Tangoを「洗練されているが、同時に劇的で、誘惑的。深みを持ったオレンジです」と評している。

 毎年前年の12月に発表されているカラー・オブ・ザ・イヤー。ファッションやインテリア、工業デザイン、グラフィックデザインなど複数の産業において、製品開発や購入決定に影響している。なお2011年のカラー・オブ・ザ・イヤーhoneysuckle(ハニーサックル)は、ダイナミックな赤みがかったピンク色だった。