Beauty News

マルジェラから初のキャンドル 4月発売

2012年03月26日 15:10 JST

  「Maison Martin Margiela(メゾン マルタン マルジェラ)」が4月4日、ブランド初のキャンドルを発売する。ブランドの13番目のラインである「ライン③」として、2011年11月より国内で展開を開始したフレグランスと同様のコンセプトでつくられた。価格は税込8,400円。

Maison Martin Margiela キャンドル
画像: Maison Martin Margiela
Our Sponsor

 「Maison Martin Margiela」初のgreen note(緑の香り)を基調としたフレグランスは、調香師ダニエラ・アンドリエールによって調合。"第二の生命を吹き込む"といったブランドの基本コンセプトを忠実に表現している。ウッディーなグリーンフローラルの香りの主成分には、稀少で高級なガルバナムを使用。ボトルは、クリエイティブ・ディレクターのファビアン・バロンによるミニマルなデザインで、ネックはメゾンの4ステッチのラベルの原点をイメージしている。

 ブランド初のキャンドルは、フレグランスと同じコンセプトと香り。キャンドルの容器には、フレグランスのボトルと同様に、一部を白いペンキの中に浸したようなデザインが描かれている。燃焼時間は35時間。「Maison Martin Margiela」の全店舗で販売される。

Amazon ロゴ

About Maison Martin Margiela

  • マルタン・マルジェラについて
  •  フランス・パリを拠点とするファッションブランド。1988年、ベルギー人デザイナーのMartin Margiela(マルタン・マルジェラ)が創立。  ブランドのテーマカラーは白。スタッフの衣服やショップの内装も白を定番としている。作品としては奇抜な印象だが、実際のアイテムはベーシックなデザインが多く、白・黒を基調としたジャケットやカットソーなどが人気。足袋型のシューズでも有名。  特徴的なブラン...詳しく知る