Art News

Adobeがフォトショップなど無料提供していると話題に

2013年01月08日 12:40 JST
追加情報!

アドビ システムズが1月8日付けで公式な見解として「Adobe® Creative Suite® 2 製品およびAdobe® Acrobat® 7のアクティベーションサーバーに関するお知らせ」を発表。
(以下、公式サイト より引用)
弊社が不特定多数の皆様に対して無償でソフトウェアを提供することが目的ではございません。本措置は既存の正規ライセンスを所有されているお客様の利便性を損なわないための顧客支援の一環の措置であり、正規ライセンスを所有されていないお客様のご利用はライセンス違反となり得る旨、ご理解の上ご利用いただけますようお願い申し上げます。

 Adobe(アドビ)が開発した「Photoshop CS2」や「Illustrator CS2」など12のソフトが、公式サイトで無料提供されている。1月6日に開始されたサービスで、一時ページがダウンするほどアクセスが殺到した。現在は復旧し、日本語版ソフトも入手が可能とあって話題を集めている。

Adobe 公式サイトより
Adobe 公式サイトより
Our Sponsor

 実質無料で提供されているのは、Adobeが販売する中でも人気の高い製品だ。写真レタッチソフト「Photoshop」は、画像編集に最適なソフトで色や背景を変えるなど自分で撮影した写真を加工したり写真を張り合わせたりすることができ、グラフィックデザイナーなどファッションやアート系のクリエイターに愛用者が多い。「CS2」は旧バージョンだが、機能性は十分。「Adobe Creative Suite 5」は、用途によって種類が異なりプロやハイアマチュアの作業をサポートしてくれるソフトが詰め込まれているソフトウェア統合パッケージ。いずれのソフトも通常は数万円する製品だ。対象となるダウンロードページでは、ダウンロードリンクと共にシリアルナンバーが公開されている。なお、利用する際にはAdobe IDの登録が必要になる。

 ネット上の書き込みでは「なぜAdobeが無料提供を?」と多くのユーザーから疑問の声が上がったが、これに対してAdobeは「アクティベーションサーバの停止にともない、影響を受けるユーザーのためにシリアルナンバーを解放した」と回答し、既存顧客サービスの一環であることを説明している。


■ダウンロード可能なソフト一覧(2013.1.8 現在)
 Creative Suite 2
 Acrobat 3D 1.0 for Windows
 Acrobat Standard 7.0
 Acrobat Pro 7.0
 Acrobat Pro 8.0
 Audition 3.0
 GoLive CS2
 Illustrator CS2
 InCopy CS2
 InDesign CS2
 Photoshop CS2
 Photoshop Elements 4.0/5.0
 Adobe Premiere Pro 2.0

■Adobe ダウンロード対象ページ(日本語版)
 http://www.adobe.com/jp/downloads/cs2_downloads/

Amazon ロゴ