スワッガーとフェノメノン運営会社が破産申請へ

追加情報:

【2/8】PHENOMENON 2013年春夏コレクション発売。

PHENOMENON 2013年春夏コレクション
PHENOMENON 2013年春夏コレクション
画像: Fashionsnap.com

 「SWAGGER(スワッガー)」を展開している有限会社スワッガーが自己破産申請の準備に入ったことがわかった。「PHENOMENON(フェノメノン)」を取り扱っている株式会社アリソンも解散になる予定。「PHENOMENON」については、ブランドの継続に向けて再建する動きも出ている。

 「SWAGGER」は、1999年7月にヒップホップユニット「SHAKKAZOMBIE(シャカゾンビ)」のメンバーでスワッガー代表の井口秀浩(イグニッションマン)と、現「PHENOMENON」デザイナーの大澄剛史(Big-O)が立ち上げたブランド。ヒップホップを軸にストリートウエアを展開し、原宿の旗艦店をはじめファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」などで直営店を運営している。帝国データバンクによると負債は約5億4700万円。

 アリソンは、大澄剛史がデザインする「PHENOMENON」を独立させる形で2011年1月に設立した会社。音楽をテーマに展開している「PHENOMENON」は、東京のコレクションウィークに参加してランウェイショーを開催するなどストリートブランドからコレクションブランドへの転換の最中だったが、1月31日にスワッガーと同様に自己破産することが決定した。「PHENOMENON」についてアリソン担当者は「立て直しに向けて現在パートナーを探している」とコメントしている。


■PHENOMENON 最新コレクション映像・画像
 2013年春夏:http://www.fashionsnap.com/collection/phenomenon/2013ss/