Media News

バブル世代向け新女性誌「GOLD」世界文化社から10月創刊

2013年04月08日 19:50 JST

 世界文化社が、45歳〜52歳の女性をターゲットにした新雑誌「GOLD」を10月7日に創刊する。バブル期を過ごした「元祖お嬢様世代」に向け、衣食住ライフシーンのすべてに関した情報をグローバルな視点で発信。カバーガールは今井美樹が務める。編集長には「MISS plus+(ミス プラス)」総編集長の内山しのぶ氏が就任し、4月8日の今日Tokyo American Clubで行われた創刊発表会で「この世代をGOLD世代と名付け、雑誌からビジネスを創出していく」と話した。

GOLD編集長の内山しのぶ氏
GOLD編集長の内山しのぶ氏
画像: Fashionsnap.com
Our Sponsor

 世界文化社では、「家庭画報」と「MISS plus+」をつなぐ世代の「消費意欲はあるが、読む雑誌がない」という調査データに着目。量より質を重視した着心地の良い「こなれ華やか」なファッション、年齢にふさわしいビューティー、子育てを経て自分のための「残年贅沢」を過ごすライフスタイル&カルチャーの提案を通じて、「GOLD世代が輝く新しいステージを提供する」(内山編集長)という。誌面に加えて、読者に体験会の機会を設ける「Salon」、読者とクライアントと編集者がコミュニケーションを図る「SNS」、オリジナル商品を開発・販売する「Shopping」の読者が参加可能な3つのコンテンツを展開し、GOLD世代のマーケット開拓を狙う。