Art News

スティーヴ・マックィーンの個展 エスパス ルイ・ヴィトンで4月開催

2014年03月13日 16:30 JST

 第86回アカデミー賞で黒人監督初の作品賞に輝いたイギリス人アーティストSteve McQueen(スティーヴ・マックィーン)による個展が、表参道の「エスパス ルイ・ヴィトン東京」で開催される。期間は4月26日~8月17日。世界初公開となる作品の展示が予定されている。

Steve McQueenメインヴィジュアル Graphic by © Hideki Inaba, 2014
Steve McQueenメインヴィジュアル Graphic by © Hideki Inaba, 2014
画像: LOUIS VUITTON
Our Sponsor

 「エスパス ルイ・ヴィトン東京」で10回目のエキシビションとして個展を開催するスティーヴ・マックィーンは、1969年にイギリス・ロンドンで生まれた映像アーティスト兼映画監督。大学在籍時から短編映像作品を中心に制作活動を始め、1999年にイギリスで最も栄誉ある芸術賞として知られるターナー賞を受賞した。2002年には大英帝国勲章オフィサー(OBE)、2011年にコマンダー(CBE)を受勲し、作品はロンドンのテート・ギャラリーやニューヨーク近代美術館(MoMA)など世界中の美術館に所蔵されている。2013年に公開した最新作「それでも夜は明ける(12 Years a Slave)」は高い評価を受け、第86回アカデミー賞で作品賞を含む3部門を受賞している。

 スティーヴ・マックィーンの作品は、極限まで無駄を省いた手法で、観賞者に様々な解釈を委ねることを特徴としている。エスパス ルイ・ヴィトン東京で世界初公開となる作品は、これまでの作品に比べて抽象的で観る者を感覚だけの空間に誘い、「自己の真なる部分」を明らかにするという。

■Steve McQueen(スティーヴ・マックィーン)
 会期: 2014年4月26日(土)~8月17日(日)
 会場: エスパス ルイ・ヴィトン東京
 住所: 東京都渋谷区神宮前5-7-5 ルイ・ヴィトン 表参道ビル 7階
 電話:03-5766-1094
 開館時間: 12:00‐20:00
 休館日: 不定休
 入場料: 無料
 www.espacelouisvuittontokyo.com

Amazon ロゴ