小悪魔agehaなど出版 インフォレストが倒産

トップページより
トップページより

 「小悪魔ageha」や「Samurai magazine」などを出版していたインフォレストが、4月15日付けで倒産した。帝国データバンクによれば、雑誌売り上げが頭打ちとなっていたことや景気低迷下で広告収入の減少などが原因で資金繰りが悪化したという。負債額は30億円。

 2002年に設立されたインフォレストは、ギャル系ファッション誌「小悪魔ageha」やメンズ誌「Samurai magazine」、クリエイターが買ったものを紹介する「i bought」、コスプレ専門誌「COSMODE」などを発行していた通信販売業者。2010年には、「小悪魔ageha」の販売部数が30万部を突破するなど様々なカルチャーを牽引してきた一方で、同年から雑誌の廃刊を進めたことや広告収入の減少により資金繰りが悪化。負債30億円を抱え、4月15日付けで事業を停止した。担当弁護士の佐藤隆昭は「スポンサーを募っても収益確保は難しいと判断し、倒産という運びになった」とコメントしている。