ミンネ運営企業が「テトテ(tetote)」子会社化 ハンドメイド事業強化へ

tetote トップページより
tetote トップページより
  • カテゴリー:
  • GMO

 CtoCのハンドメイドマーケット「ミンネ(minne)」を手がけるGMOペパボが、同マーケットで国内3位の作品数を有する「テトテ(tetote)」運営のOCアイランドを子会社化することを発表した。6月を目処に、OCアイランドの発行済株式総数の90.0%をクロバーおよびオープンクローズから約1億200万円で取得する。

 2003年に創業したGMOペパボは、EC支援事業の「minne」がサービス開始からおよそ2年で国内最大のハンドメイドマーケットに急成長。今期の重点施策でも「minne」に経営資源を集中させ、同事業を強化するとしている。一方OCアイランドは、「tetote」や手作り情報コミュニティ「レシパ」などのハンドメイドに特化したWebサービスを提供。今回の子会社化により、「minne」および「tetote」が培ってきたマーケティングやオペレーション手法、商品開発ノウハウを共有し、有効活用することで、今後更なる成長が期待されるCtoCハンドメイドマーケットの拡大につなげる。

 親会社変更後もOCアイランドが「tetote」を引き続き運営し、サービス内容や利用料は継続。両サービス合同の大規模なハンドメイドイベント開催や決済・流通サービスの連携などを予定している。