星野リゾートがANAクラウンプラザホテル4施設を取得 都市型ホテル育成へ

星野リゾート 公式サイトより
星野リゾート 公式サイトより

 星野リゾートグループが、ANAクラウンプラザホテル4施設の取得を発表した。10~15年の長期的な視点で都市型のホテルサービスを拡大させる考えで、今回の取り組みはこの一環にあたる。

 星野リゾートグループは、リゾート滞在需要に「星のや」と「リゾナーレ」、温泉保養需要に「界」を提供してきたが、都市観光需要には今まで商品・サービスを提供しきれていなかった。今後はこのニーズにマッチしたホテルサービスのあり方を模索していくといい、400億円弱(予定)を投資して、いずれも地方都市に立地する、ANAクラウンプラザホテル金沢 (249室)と同・富山 (251室)、同・広島 (409室)、同・福岡 (320室)の取得に至ったという。