上野動物園「真夏の夜の動物園」今年も実施へ 20時まで開園

イメージヴィジュアル
イメージヴィジュアル
画像: (公財)東京動物園協会

 昨年好評を集めた「真夏の夜の動物園」が、今年も開催される。上野動物園の開園時間を3時間延長し、昼間には見られない夜の動物たちの観察や不忍池テラスでのビアガーデンなど多彩な企画を通じて、日頃は体験できない動物園の特別な雰囲気を楽しめる。会期は8月8日~8月16日。

 「真夏の夜の動物園」で観覧できる動物は、ホッキョクグマ(~18:30)、ライオン(~19:00)、ジャイアントパンダ(~19:45)、コビトカバ(~19:50)、ハシビロコウ(~20:00)など多数。動物たちの運動場の見学や飼育係のトークといった特別イベントに加えて、不忍池テラスではオープンビアガーデンを営業し、夏の夜空をイメージしたデザートや数量限定のビール、おつまみなどを提供する。

■真夏の夜の動物園
 会期:2015年8月8日(土)~8月16日(日)
 延長時間:20:00まで(入園は19:00まで)
 ※朝の開園時間は通常どおり9:30。期間中は休園日なし。