熊谷隆志がディレクションする新店舗が原宿に クラフトと文化で新しいファッションビジネス展開

ロゴ
ロゴ
画像: パル

 パルが、クラフト&カルチャーショップ「シー・ピー・シー・エム(CPCM)」を原宿に出店する。総合ディレクターに熊谷隆志、内装設計にジェネラルデザインの大堀伸を起用。アメリカを中心とするクラフト作家の雑貨や家具、メンズとウィメンズのアパレルを揃えるほかフード&ドリンクスタンドを併設する。オープン日は11月28日を予定。

 「CPCM」は「Crafts and Permaculture Country Mall」の略称で、手作りのクラフトや文化を大切にしたショッピングモールとして展開。店舗面積は約928平方メートルで、明治通り沿いにある秋田ビルの1階と2階にオープンする。現在入居している「チャオパニック(Ciaopanic)」と「カスタネ(Kastane)」の両店舗は9月末をもって閉店する計画だという。パルの井上英隆氏は「ファッションビジネスもカルチャーなしには語れない時代に入りました。だからこそ今、ファッションもスタイルも独自の思想を持つ熊谷氏に、これからの新しいファッションビジネスのディレクションをお願いしました」と起用理由を説明。熊谷隆志は「もう、洋服に特化する時代じゃない。けど、ライフスタイルって言葉も使いたくない。CPCMという4文字で今の自分の気持ちを具現化してみました」と話している。オープンと同時にECサイトも開設される。

■CPCM
オープン日:2015年11月28日(土)
住所:東京都渋谷区神宮前6-12-22 1&2F
面積:928平方メートル(280坪)

公式サイト