マガジンハウスのカルチャー誌「relax」復刊 中島敏子が編集長に

追加情報:

【2/18追加】1号限りの復活号は2月25日に発売が決定。表紙画像が公開されました。

公式Instagram

 マガジンハウスのカルチャー誌「リラックス(relax)」が復刊する。リラックス元副編集長で現「ギンザ(GINZA)」編集長の中島敏子を筆頭に、リラックス元編集長の岡本仁や副編集長の横山佐知らが制作。発売日は2016年2月を予定している。

 リラックスは1996年に創刊。第1期を終えると2000年に当時編集長を務めていた岡本仁によって復刊し、独創的なカルチャー誌として多くのファンを獲得していた。

 休刊から10年ぶりとなる今回の復刊はマガジンハウス70周年記念事業の一環で、富士重工業の「レガシィ(LEGACY)」の協力のもと発足した「relax特別復刊プロジェクト」により実現。中島敏子が編集長に就任し、当時副編集長を担っていた横山佐知が改めて同職を務める。岡本仁をはじめ渋谷直角、川端正吾、 高澤敬介らがエディタースタッフとして参加。アートディレクターは、以前リラックスでアートディレクションを手がけていた小野英作が担当する。今後公式サイトを通じて情報発信していくという。