デヴィッド・ボウイが癌で死去

公式インスタグラムより
公式インスタグラムより

 歌手のデヴィッド・ボウイ(David Bowie)が、10日癌のため死去した。享年69歳。

 死去に関するニュースは、本人の公式Facebookのページで発表され、コメントには「1月10日、デヴィット・ボウイは18ヶ月に及ぶ癌との闘病を経て、家族に看取られる中、安らかに息を引き取りました」と掲載。BBCの報道によると、デヴィッド・ボウイの息子が死去の事実を認めた。デヴィッド・ボウイは自身の69歳の誕生日に当たる先週金曜日に新作アルバム「Blackstar」をリリースしたばかり。2013年にイギリスで開催されたデヴィッド・ボウイの大回顧展「David Bowie is」の日本開催が2017年春に決定した矢先の訃報となった。