専門家がワイン選びを電話でサポート「Amazon ソムリエ」開始

「Amazon ソムリエ」トップページ
「Amazon ソムリエ」トップページ

 Amazon.co.jpが2月4日、専門家がワイン選びを電話でサポートする新サービス「Amazon ソムリエ」を開始した。サービス料金や電話料金は無料。専門家によるアドバイスのもと、酒販専門店まで足を運ばずにオンライン上で希望にあったワインを購入できる。

 「Amazon ソムリエ」は、Amazonお酒ストア内のAmazon ワインストアで提供。利用方法は、ログイン後に商品ページで「次の画面で電話番号を入力いただくと、お客様のお電話がなります。」のリンクをクリックし、電話番号を入力するとAmazonから電話がかかってくる仕組みで、シチュエーションや合わせる料理、ギフトの送り相手など要望に応じて専門家からのワイン選びのアドバイスを受けることができる。通話終了後には専門家が提案したワインの情報がメールで受信可能。対応時間は月曜日から金曜日の12時〜17時(祝祭日除く)で、日本語のみ対応。商品はこれまでと変わらずオンライン上のみで購入を受け付ける。サービスリーダーは東急百貨店渋谷・本店やクィーンズシェフ新宿店、フレンチレストラン「タストヴァン青山」で仕入販売担当やシェフソムリエなどの経験を持つ原深雪が担当。ソムリエの石田博は、同サービスについて「ソムリエの活動の場が、通販それも、オンラインの世界に広がったことを大変嬉しく思います」とコメントしている。

 Amazon.co.jpは、昨年8月から直販する全てのワインを一定の温度に保ったまま管理する「定温倉庫」を稼働し、配送においても「定温倉庫」から出荷されたワインを温度管理した状態で指定の届け先まで輸送する「保冷お届けサービス」を開始。同年10月にはワインストアを大幅にリニューアルし、取扱点数は8,000点以上まで拡大している。