妹島和世が特急車両をデザイン 2018年度に西武鉄道でデビュー

新型特急車両 イメージイラスト
新型特急車両 イメージイラスト
画像: 西武鉄道

 西武鉄道が3月14日、2018年度に新型特急車両を導入することを発表した。デザインは、これまでSANAAとして金沢21世紀美術館やディオール表参道などを手がけ、建築界のノーベル賞と呼ばれる「プリツカー賞」を受賞した妹島和世が担当。同氏が鉄道車両のデザインを担当するのは、今回が初めてとなる。

 1993年に発表した「ニューレッドアロー」以来約25年ぶりとなる今回の新型特急車両は、「やさしさ」や「やわらかさ」を表現。外観は都市や自然の中にやわらかく風景に溶け込むデザインに、そして車内はリビングのようにくつろげる空間に仕上げ、「ただの移動手段ではなく、特急で過ごすことが目的地となる特急」を目指すという。新型車両は、8両編成7本の合計56両を導入する予定。初の鉄道車両デザインに取り組んだ妹島和世は「建築と一番違うのはいろいろな場所を走ることが出来ること。たくさんの方々がみんな思い思いにくつろげるリビングルームのような、今日もまた乗りたいなあと思うような特急になればと思っています」とコメントを寄せている。