青山商事がサーフスタイルブランド「WTW」をバルスから買収

WTW 公式サイトトップページより
WTW 公式サイトトップページより

 青山商事が4月1日、WTW(ダブルティー)の全株式を同日付けでバルスから取得し、完全子会社化したことを発表した。

 「WTW」は、「フランフラン(Francfranc)」を運営するバルスが2011年2月に立ち上げたブランド。「URBAN.SURF.NATURAL」をコンセプトに、雑貨・インテリアを扱うライフスタイルショップを国内5ヶ所に出店している。これまではバルスが事業展開していたが、同事業の継承を目的とした企業WTWを2月1日付けで設立していた。

 青山商事では、少子高齢化に伴うスーツマーケットの縮小などを背景に、これまでのビジネスウェア販売中心の事業戦略を「グループ全体の小売・サービス」に拡大しており、今回の買収はその一環。WTWのブランド力や商品開発力を中心とした雑貨・インテリア小売分野の経営資源・ノウハウ等を取り込み、自社の強みと融合させた新事業の展開も検討していくという。