「渋谷パルコ」建て替えで一時休業へ、パルコ劇場も8月で休館

追加情報:

【4月6日】一時休業に伴う最終営業日の2016年8月7日に向け、「Last Dance_キャンペーン」をスタート。クリエイティブディレクターに箭内道彦、アートディレクター・デザイナーに井上嗣也、コピーライターに渡辺潤平を迎えて制作された広告ビジュアル第1弾には、中谷美紀とエリイ(Chim↑Pom)が出演している。

渋谷パルコ Last Dance_キャンペーン特設サイト

外観(2015年10月撮影時)
外観(2015年10月撮影時)
画像: Fashionsnap.com

 渋谷パルコが、建替えのためパート1とパート3を一時休業する。これに伴う最終営業日は8月7日を予定。43年の歴史があるパルコ劇場も同日で一時休館する。

 パルコは、渋谷パルコのパート1、パート3を含む地区の開発施行予定者として、昨年6月に東京都に「宇田川町15地区開発計画」における都市再生特別地区の提案を行い、同12月に決定、告示を受けた。計画では、パート1やパート3を建て替え、高さ約110メートルの新築ビルに一体開発し、次世代グローバルショッピングセンターとして新生・渋谷パルコを創造するという。渋谷パルコの昨年度のテナント売上実績は約153億3,600万円。

 今回の決定にあわせ、1973年に開館した「パルコ劇場」の一時休館も発表。自主プロデュース劇場の先駆けとして、様々な作品を上演してきた同館だが、建替え終了後は同じ地で最新の施設として生まれ変わる。なお、パルコ・プロデュース公演は、パルコ劇場休館中も外部会場で公演を継続する。

■新施設 計画概要
 敷地面積:約5,380㎡
 延床面積:約65,000㎡
 階数:地上20階、地下3階
 構成:下層階 商業(劇場などを含む)など
    上層階 オフィス など
 開業時期:2019年秋(予定)