タイム誌が選ぶ「世界で影響力のある100人」日本からは草間彌生が選出

草間彌生(2012年3月撮影)
草間彌生(2012年3月撮影)
画像: FASHIONSNAP

 米誌「タイム(TIME)」が、2016年版「世界で最も影響力のある100人」を発表した。日本からは、アーティストの草間彌生が選出された。

 草間彌生は水玉のモチーフを使った前衛的なアート作品で知られ、ファッション業界にも多大な影響を与えてきた。ファッションデザイナーのマーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)は、「長い間、アートの世界で実に急進的で革命的なことを成し遂げてきた」と紹介文を寄せている。「世界で最も影響力のある100人」には草間彌生のほか、「ジバンシィ(GIVENCHY)」のクリエイティブディレクター リカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)や、俳優のレオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)、歌手のアリアナ・グランデ(Ariana Grande)ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)、ファッションモデルのカーリー・ クロス(Karlie Kloss)、Facebookのマーク・ザッカーバーグCEO夫妻などが選ばれている。