ダイソンから初の美容家電 革新的なヘアドライヤーを発表

Dyson Supersonic(税抜45,000円)
Dyson Supersonic(税抜45,000円)
画像: FASHIONSNAP

 「ダイソン(Dyson)」が4月27日、初の美容家電となるヘアドライヤー「Dyson Supersonic」を発表した。超高速モーターで風量を調節できるほか、過度の熱ダメージを守るヒートコントロールや、手に負担がかからない設計で、従来の商品と一線を画する商品に仕上げた。28日からダイソン 表参道で世界に先駆けて発売し、5月11日から全国の量販店など200店舗で展開される。

 「Dyson Supersonic」では、同社の羽根のない扇風機で特許を取得した「エアマルチプライアー(Air Multiplier)」テクノロジーを採用。風量は3段階を設け、従来の約半分に相当する同社最軽量のモーター「ダイソン デジタルモーター V9」で駆動することで、従来より最大約8倍にあたる約11万回転数を実現した。温度は冷風、78度、62度、45度の4段階で使い分けが可能。従来のヘアドライヤーは風量が抑制されても熱量は変わらないため濡れた髪に過度の熱ダメージを与えてしまうが、「Dyson Supersonic」では温度を検知するサーミスター(温度センサー)を取り入れ、設定温度を超えないようにした。

 機能のほか、1960年代からほとんど変わらなかったヘアドライヤーの形状を改善。モーターをハンドル部分に収めてヘッド部分をスリムにすることで、頭上に持ち上げた時のバランスを考慮した。また、超音速のモーターが消音効果を生み、消音材を使用したハンドル内部とあわせて消音化に取り組んだ。ノズルは使用用途に合わせた3種類が付属し、いずれもマグネット式で、簡単に着脱や風向きの調整が可能。表面の加熱を防ぐ2層構造になっている。本体のカラーは「アイアン/フューシャ」「ホワイト/シルバー」の2色展開で、価格は税抜45,000円。

 同社は開発にあたり、毛髪の化学研究専用に最新鋭の実験施設を整え、総額約95億円を投資。1,625キロメートルを超える本物の人毛を使い、光と髪の毛の関係を4年間にわたり分析したという。同社創業者のジェームズ・ダイソン氏は、「静かなヘアドライヤーの優位点は、ドライヤーを使っている最中でもサロンのお客様や家族と会話できること。軽量でありながらもパワフルで、静かでありながらダメージを与えない商品になりました」とコメントしている。発表会ではヘアスタイリスト・メイクアップアーティストの加茂克也が登壇し、デモンストレーションを実施。「風量がすごくある。髪にクセがある人は根元を乾かすことで毛先の流れが変わるのですが、根元の癖もちゃんと取れる」と絶賛した。