アディダスがカニエ・ウエストと長期パートナーシップ契約、新ラインやYEEZYの店舗など展開拡大

 アディダス(adidas)が、カニエ・ウェスト(Kanye West)と長期パートナーシップ契約を締結した。ウィメンズ及びメンズのフットウエア、アパレル、アクセサリーをそろえる新ライン「adidas + KANYE WEST」を発表するほか、「YEEZY」の商品を取り扱う店舗の出店を計画している。

 カニエ・ウェストと「アディダス オリジナルス(adidas Originals)」はこれまでスニーカーシリーズ「YEEZY BOOST」などを発表し、いずれも即完売するなど爆発的な人気を得てきた。「アディダス」は新たなパートナーシップについて、アスリート以外の人物と結んだ契約では「これまでで最も意義深いもの」と表現。グローバルブランドを統括するアディダス グループの経営幹部、エリック・リッキー(Eric Liedtke)は「スポーツというジャンルを、カニエのクリエイティビティに開放することで、いまだかつてない領域に踏み込むことができる。カニエは唯一無二のクリエイターなので、今回の契約はアディダスにとって誇らしい。未来を共に築きあげていけることが楽しみ」とコメントを発表した。

 これまで発表されたコラボコレクション「YEEZY」では、ライフスタイルに焦点をあてたアイテムを主に発表してきたが、新ライン「adidas + KANYE WEST」はスポーツとストリート双方のシーンに対応するパフォーマンス性の高いアイテムもそろえるという。