無印良品が米の量り売りサービス 近鉄あべのハルカスで導入

画像: 良品計画

 良品計画が、11月25日にオープンする「無印良品 近鉄あべのハルカス」で米の量り売りサービスを導入する。

 米は8つの品種を玄米で用意し、500グラム単位で販売。店頭では食の専門販売員が品種ごとの特長を紹介し、料理に合った品種を選ぶサポートを行う。購入した玄米は精米も受け付け、3分、5分、7分、白米の4段階の精米歩合で対応する。

 日本の食文化の原点である米をキーワードに掲げる「無印良品 近鉄あべのハルカス」では米の量り売りのほか、炊き立てのごはんに合うおかずや糀、出汁、米を使った調味料など約90アイテムをラインナップ。併設の「カフェ & ミール ムジ(Café&Meal MUJI)」でも精米した無印良品の米を使い、日本各地の伝統料理に学んだメニューを国内初となるテーブルオーダー方式で提供する。

無印良品 近鉄あべのハルカス
所在地:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
    あべのハルカス近鉄本店ウイング館2F
営業時間:10:00~20:30
売場面積:1459.74平方メートル(約442坪)
オープン日:2016年11月25日(金)

■Café&Meal MUJI 近鉄あべのハルカス
営業時間:10:00~20:30
売場面積:206.29平方メートル(約62坪) / 64席