Airbnbが宿泊に続く新サービス「トリップ」発表 体験や趣味をシェアする時代へ

CEOのブライアン・チェスキー
CEOのブライアン・チェスキー
画像: FASHIONSNAP

 世界大手のコミュニティ主導型ホスピタリティー企業の「Airbnb(エアビーアンドビー)」が、ホームシェアリングに続く新サービス「トリップ(Trips)」を11月17日(米ロサンゼルス時間)に発表した。これまで同社が提供してきた旅行者と宿泊先を繋げるサービスに加えて、現地でのアクティビティや出会う人を提案することで「旅行全体を容易でマジカルな体験」にすることを目指す。2018年を目処に、レンタカーやフライト予約といったサービスの提供も開始する予定だ。

 トリップは、「体験」と「プレイス」の2軸で展開。「体験」には、トスカーナ地方でのトリュフ狩りや、ロサンゼルスでのクラビング、韓国での伝統刺繍教室など現地のエキスパートが企画したアクティビティ全500種類がそろう。アクティビティの所要時間は数時間から3日間までで、東京ではスタイリストの石塚博之による銀座や表参道などショッピングエリアのガイドとスタイリングが楽しめるプランも用意されている。「プレイス」では、人と人を繋ぐミートアップ機能や、現地に住む人々によるレストランやアトラクションのリコメンド機能を無料で楽しむことができる。Resy社との提携により、Airbnbアプリを通じたレストラン予約も新たに可能となった。レストラン予約機能は現時点では米国限定での実施となるが、今後各国でも展開する予定だという。

 「トリップ」は、東京、デトロイト、ロンドン、パリ、ナイロビ、ハバナ、サンフランシスコ、ケープタウン、フィレンツェ、マイアミ、ソウル、ロサンゼルスの全12都市で今日から提供開始。来年には大阪を含む50都市に拡大する予定だ。

 同社CEOのブライアン・チェスキー(Brian Chesky)は、構想に2年間の歳月をかけたという新サービスについて「旅のガイドブックを読むだけではローカルが実際にすることを体験できないと感じていた。『トリップ』はローカルのコミュニティに参加する機会を旅行者に与えることができる。旅行の中心に"人"を取り戻すことで、旅体験を再びマジカルなものにしたいと考えている」とコメント。Airbnbはこれまで、ホストと旅行者を繋ぐホームシェアリングサービスとして展開してきたが、ホスティングの概念を拡げ、今後は宿泊先に限定せず趣味や情熱のシェアを提案していく。