ケリングが最低14週間の産前産後休暇を導入 パートナーの育児休暇も

2016年12月14日 19:40 JST

 ケリング(Kering)が、育児支援制度の一環として全世界約60カ国のグループ会社で勤務する3万8,500人以上の社員を対象に、最低14週間の産前産後休暇取得制度を2017年1月1日付けで導入することを発表した。

■ケリング関連記事
ボッテガ・ヴェネタの新CEOに元ヒューゴ ボスのクラウス=ディートリッヒ・ラース就任(2016年9月30日)
元サンローランのエディ・スリマンがケリングを告訴(2016年6月23日)
ケリング、高級シューズ「セルジオ ロッシ」を投資会社に売却(2015年12月11日)