資金調達+チーム提供を同時に支援、次世代ファッションブランド育成プログラムが始動

画像: CAMPFIRE

 CAMPFIREが運営するファッション特化型クラウドファンディングプラットフォーム「CLOSS」が来春、資金援助とチーム提供を同時に行う国内初の次世代ファッションブランド育成プログラム「CLOSS Fashion Forward」を立ち上げる。

 「CLOSS Fashion Forward」では、審査を通過した最大3ブランドに対し、2年間の生産、販売、マーケティング、PRといったビジネス面をサポートするプロフェッショナルチームの提供と、クラウドファンディングを活用した資金援助を行う。対象ブランドはウィメンズウエア、メンズウエア、ファッション小物全般のいずれかのデザイン活動をしていることなどで、所定の条件を満たせば年齢及びプロ・アマ問わず応募が可能。1月末までポートフォリオ及び応募書類を受け付けており、2月上旬に書類審査、2月中旬に審査員へのプレゼンテーション、2月下旬から3月上旬にCLOSS運営メンバーによる最終面接が行われ、3月中旬に選考結果が発表される。

 審査員には、「アキラ ナカ(AKIRA NAKA)」クリエーティブディレクターの中章や、「ファクトタム(FACTOTUM)」代表取締役の有働幸司、ビームス創造研究所(HALS)所長・クリエーティブディレクター の南馬越一義、「Farfetch」Business Development Directorの和島昭裕、「Changefashion.net」編集長の滝田雅樹、「FASHIONSNAP」報道部編集記者の今井祐衣、スタイリスト・「The Fashion Post」エディターの岡部駿佑、gumigumi代表取締役・「Numéro TOKYO」エディトリアルディレクター・CLOSS顧問の軍地彩弓、ファッションコンサルタント・CLOSS顧問の市川渚、「CAMPFIRE」代表取締役の家入一真が名を連ねる。