アジア唯一の「デヴィッド・ボウイ展」マックイーンら豪華デザイナーによる衣装も一挙公開

2017年01月05日 18:50 JST

 昨年1月に癌のため死去した歌手のデヴィッド・ボウイ(David Bowie)の大回顧展「DAVID BOWIE is」が、1月8日に寺田倉庫G1ビルでスタートする。7万5,000点に及ぶアーカイブの所蔵品から厳選された写真や映像のほか、手書きの歌詞や楽器、私物など300点以上が集結。衣装ではアレキサンダー・マックイーンや山本寛斎ら著名デザイナーが手がけた作品がそろい、性差を超えたボウイならではのデザインを一挙公開する。

■ ファッション界にも衝撃
デヴィッド・ボウイの大回顧展「DAVID BOWIE is」アジア唯一の日本開催(2016年4月7日)
【動画】デヴィッド・ボウイの回顧展を収録 ドキュメンタリー映画を追悼上映へ(2016年1月15日)
デヴィット・ボウイ急逝を受けロンドンコレクションで哀悼パフォーマンス相次ぐ(2016年1月12日)
デヴィッド・ボウイが癌で死去(2016年1月11日)