ロバート・メイプルソープの作品90点を公開 シャネル・ネクサス・ホールで写真展開催

Memento Mori
Memento Mori
画像: ©Robert Mapplethorpe Foundation. Used by permission.

 シャネル・ネクサス・ホールで、アメリカの写真家ロバート・メイプルソープの作品展「メメント モリ(Memento Mori)」が開催される。入場無料で、会期は3月14日から4月9日まで。

 ロバート・メイプルソープは、1989年に42歳でこの世を去るまで自然美と肉体美、束縛と破壊といったテーマに迫る作品を発表してきた。作品展では、シャネル銀座ビルディングの設計を手がけた建築家のピーター・マリーノのプライベートコレクションから静物や花、ヌード、肖像等を撮影した作品およそ90点が展示される。ピーター・マリーノは本展の企画とともに構成も担当し、会場を3つの小展示室に分割。展示は鑑賞者がギャラリーを進むにつれ、強烈さが増していくように作品をグループ分けした構成となっている。全体を白色で覆った最初の2つの展示室には、古典的な彫刻や静物、体の部位のクローズアップ、布をまとった人物の写真を展示。第3の展示室では黒一色の空間に花の写真が展示される。また同展は4月15日から5月14日までの期間、「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」の一環として京都を巡回予定。

■ロバート・メイプル写真展「 Memento Mori」ピーター・マリーノコレクション
開催期間:2017年3月14日(火)〜4月9日(日)
入場料:無料
会場:シャネル・ネクサス・ホール
住所:東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4階
主催:シャネル株式会社
公式サイト