バルミューダが「土鍋より美味しく炊ける」炊飯器を発表、蒸気の力で炊く新方式を開発

「バルミューダ ザ・ゴハン(BALMUDA The Gohan)」を発表した寺尾玄社長
「バルミューダ ザ・ゴハン(BALMUDA The Gohan)」を発表した寺尾玄社長
画像: FASHIONSNAP

 バルミューダが、キッチン家電シリーズ第3弾となる炊飯器「バルミューダ ザ・ゴハン(BALMUDA The Gohan)」を発表した。二重構造の釜でスチームの力のみで炊き上げる新しい炊飯方式を開発し、「土鍋より美味しいごはん」を目指したという。1月12日のきょうからバルミューダオンラインストアで予約受付を開始。主要家電量販店や百貨店などでも順次予約を受け付け、出荷は2月下旬を予定している。価格は税別4万1,500円。

 同社は2015年からキッチン家電の分野に参入し、第1弾の製品「バルミューダ ザ・トースター(BALMUDA The Toaster)」が大ヒット商品となった。今回の炊飯器は、寺尾玄社長が「パンが美味しくなるならご飯も美味しくなるのでは」と考え、18カ月の歳月をかけて開発したという。目指したのは、一般的に美味しいと言われている土鍋やかまどなど直火で炊くご飯を電気炊飯器で実現すること。ガス火と比較して約3分の1のエネルギーしかない電気の力で美味しく炊ける方式としてスチームの力に着目し、釜を二重にした新しい構造を発明した。

 使い方は、二重構造の釜の内釜に研いだ米と水を、外釜には付属の水計量カップ1杯分の水を入れ、2つの釜を本体にセットし、炊き方のモードを選択した後に炊飯をスタート。炊き上がりを知らせるアラームが鳴った後はすぐにかき混ぜるというシンプルな方法で、複雑なモード設定は省いた。また保温機能も敢えて取り除いたが、炊き上がりから1時間程度は温かい状態を維持できるという。同商品で炊いたご飯は外にハリがあり、中はふっくらした食感を実現。また「ご飯はおかずと一緒に食べるもの」という考えから、味噌汁やカレーなどと相性が合うようほぐれの良さも重視した。炊飯容量は3合炊きで、キッチンの場所を取らないコンパクトなサイズでデザイン。カラーはホワイトとブラックの2色を展開する。

 同社はキッチン家電の分野に参入してから売上を2倍に伸ばし、2016年は55億円を計上。今後は新製品の発表に加えて海外への出荷を検討し、さらなる飛躍を目指すという。