アラン・チャンが銀座の風景を撮り下ろした個展「HELLO GINZA!」を開催

画像: Alan Chan

 デザイナーのアラン・チャン(Alan Chan)が、銀座ポーラ ミュージアム アネックスで個展「HELLO GINZA!」を開催する。会期は4月28日から6月4日まで。

 香港生まれのアラン・チャンは、世界を舞台に様々なデザイン領域で活動を続け、これまでに600以上の賞を国内外で受賞。また、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」や「サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)」「ヒューゴ ボス(HUGO BOSS)」「セイコー(SEIKO)」といった国際的なブランドを数多く手がけた経験を持つ。

 同展では、銀座をテーマにしたインスタレーション作品を展開。アラン・チャンが1975年に初めて銀座を訪れた時に撮影した作品から、今年撮影した新作まで約45点の作品をそろえ、複数の写真を組み合わせて作る万華鏡ビジョンや、プロジェクターを使用した壁一面の映像作品、街全体をカラーパレットとして感じさせる演出など独自のアプローチで銀座の魅力を表現する。会期中はアラン・チャンのアーティストトークなどのイベントを開催する予定だ。

■Alan Chanの個展「HELLO GINZA!」
会期:2017年4月28日(金)〜6月4日(日)
開館時間:11:00-20:00(入場は19:30まで)※4月28日(金)のみ18:00閉館
会場:ポーラ ミュージアム アネックス(中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階)
入場料:無料
公式サイト