荒木経惟の新作「東京墓情」が日本初公開、シャネル・ネクサス・ホールで展覧会を開催

Nobuyoshi Araki, "Tombeau Tokyo", 2016, gelatin silver print 
© Nobuyoshi Araki / Courtesy of Taka Ishii Gallery 東京墓情 荒木経惟×ギメ東洋美術館  Nobuyoshi Araki, "Tombeau Tokyo", 2016, gelatin silver print  © Nobuyoshi Araki / Courtesy of Taka Ishii Gallery
東京墓情 荒木経惟×ギメ東洋美術館 Nobuyoshi Araki, "Tombeau Tokyo", 2016, gelatin silver print © Nobuyoshi Araki / Courtesy of Taka Ishii Gallery

 写真家の荒木経惟による展覧会「東京墓情 荒木経惟×ギメ東洋美術館」が、シャネル・ネクサス・ホールで開催される。昨年フランス国立ギメ東洋美術館で開かれた大規模個展「ARAKI」で発表した新作「東京墓情」を日本初公開する。会期は6月22日から7月23日まで。

 新作「東京墓情」は大病を経験して得た独自の死生観で、自身の50年間の写真家人生を振り返った作品。展覧会では「東京墓情」のほか、ギメ東洋美術館所蔵の写真コレクションの中から荒木経惟がセレクトした幕末・明治期の写真作品や、同展のために撮り下ろした新作も展示される。

■「東京墓情 荒木経惟×ギメ東洋美術館」概要
開催期間:2017年6月22日(木)〜7月23日(日)
営業時間:12:00〜20:00
会場:シャネル・ネクサス・ホール
住所:東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4階
入場料:無料
定休日:無休
主催:シャネル株式会社
協力:ギメ東洋美術館、タカ・イシイギャラリー