新チェキはデジタル技術を初搭載 スクエアフォーマットも採用

 富士フイルムが、"チェキ"の愛称で知られる「インスタックス(instax)」シリーズの新作モデル「instax SQUARE SQ10(インスタックス スクエア エスキューテン)」を発表した。新作ではシリーズ初となるデジタルイメージセンサーとデジタル画像処理技術を搭載。発売日は5月19日を予定している。

 「instax SQUARE SQ10」では、デジタルイメージセンサーを搭載することで自動露出調整や人物検出、オートフォーカスなどの新機能を実現。室内などの暗い場所や逆光下、10センチまでの近距離などの撮影にも対応する。また、10種類のフィルターや画像の周辺部分の光量、明るさを調整できる画像編集に加えて撮影前後の編集・加工も可能になった。本体デザインはこれまでのシリーズと同様に中央のレンズリングを継承しながら、左右どちらの手でも撮影できるようにシャッターボタンを2カ所に設置。フィルムはシリーズ初となるスクエアフォーマット「instax SQUARE Film」を採用している。