70年代から90年代までの原宿の歴史を伝える写真展、東急プラザ表参道原宿で開催

染吾郎が撮影した1970年代の原宿(喫茶店レオンの前の風景)
染吾郎が撮影した1970年代の原宿(喫茶店レオンの前の風景)
画像: 中村のん

 東急プラザ表参道原宿が開業5周年を記念して、スタイリスト中村のんがディレクションする写真展「OMOHARA写真展」を開催する。3回に分けて実施し、人と文化が行き交う神宮前交差点の歴史を伝える。第1弾の会期は4月28日から5月31日まで。

 展示される写真は中村のんの写真集「70'HARAJUKU」からセレクト。第1弾では横木安良夫、染吾郎、野上眞宏の3人の写真家が捉えた1970年代の原宿の風景を館内各所に展示し、6階屋上テラス「おもはらの森」には館内の展示写真を一挙に楽しめる特別映像が設置される。1980年代をフィーチャーする第2弾は夏季に、1990年代にフォーカスを当てる第3弾は冬季に開催される予定。

■OMOHARA写真展 第一弾<70's 表参道原宿>
期間:2017年4月28日(金)~5月31日(水)
時間:11:00〜21:00
場所:東急プラザ表参道原宿館内各所
料金:無料
※「OMOHARA写真展」は、夏休みに第2弾として1980年代、冬休みに第3弾として1990年代の写真展示を予定