人気ベーカリー「青山アンデルセン」が7月末に閉店、再出店も視野に

青山アンデルセンの外観
青山アンデルセンの外観
画像: FASHIONSNAP

 表参道のベーカリー「青山アンデルセン」が、7月31日をもって営業を終了することを発表した。

 「青山アンデルセン」は表参道交差点に近接するベーカリー、レストラン、カフェの複合店で、1970年に同エリアにオープン。1985年に現在の場所に移転し、2004年に実施したリニューアルを経て47年にわたり営業を続けてきた。今回の閉店は、表参道駅におけるバリアフリー設備の整備などの改修計画に伴い決定。改修後は再出店を視野に入れているという。

 なお、グループ全体の旗艦店として広島市中区本通で営業していた広島アンデルセンも被爆外壁の保存などを含めた改装計画のため、現在は紙屋町で移転営業中。2017年度内に工事に入る見込みで、本通でのオープンは2020年度以降を目指す。

■青山アンデルセン
住所:港区南青山5-1-26
電話:03-3407-4833
営業時間:1F ベーカリー 7:30-21:00
     2.3Fレストラン 8:00(土日祝8:30)-21:00(ラストオーダー20:00)
     B1F サンドイッチカフェ 8:00~21:00(ラストオーダー20:30)
アクセス:銀座線・千代田線・半蔵門線 表参道駅B3出口より徒歩1分、青山通り沿い

青山アンデルセン:公式サイト