デニム系ニュースを中心に業界情報を網羅

ランニングトラック付き商業施設「もりのみやキューズモールBASE」がオープン

ランニングトラック付き商業施設「もりのみやキューズモールBASE」がオープンの画像

地域特性を考慮した「もりのみやキューズモールBASE」

東急不動産および東急不動産SCマネジメントが管理・運営するモール型ショッピングセンター「もりのみやキューズモールBASE」(大阪市中央区森ノ宮)が4月27日にグランドオープンする。大阪市内の住宅地の一角で、野球の試合が行われていた日生球場跡地を再開発した。屋上にランニングトラックを設けるなど、スポーツと健康をコンセプトにした商業施設だ。「キューズモール」のモールとしては4施設目。

地域特性をリーシングに反映

morinomiya_q_3.jpg

地域の健康作りにも貢献する商業施設にした」と語る東急不動産の岡田正志取締役

「もりのみやキューズモールBASE」の最寄り駅、森ノ宮駅のすぐ近くには大阪城があり、その周辺は市内でも有数のランニングスポットだ。東京では皇居周辺が有名だが、立地環境は似通っている。また文教地区でもあり、周辺には学校施設が集まっている。森ノ宮からは30分以内で、大阪市内の主要な百貨店やファッションビル、複合型商業施設に移動できるため、競合施設は多い。

同モールの第一(足元)商圏は半径2km圏内。ランニングトラックなど地域特性を考慮した施設内容のため、それほど広域は意識していない。「キューズモール」は既存施設が市内の阿倍野地区に存在するが、そちらとも住み分けできると考えている。敷地面積が2万2,929㎡、延べ床面積が2万4,676㎡。3フロア構造でテナント数は49。物販比率は約半分と既存施設よりも少ない。売り上げだけを追求する従来型とは異なり、時間消費型、サービス重視の商業施設と言えるだろう。


morinomiya_q_5.jpg

その象徴とも言えるテナントが「アスリートネットワークLab.(ラボ)」と「まちライブラリー」。「アスリートネットワークLab.(ラボ)」は一般社団法人アスリートネットワークが運営する情報発信拠点で、元アスリートがスポーツ愛好者や子供を対象に健康やスポーツを促進・体験するプログラム・イベントを開催・提供する。「まちライブラリー」は一般社団法人まちライブラリーが運営する私設図書館で、地元住民を中心に個人の所有する書籍を持ち寄ってもらい、同館の蔵書にするという仕組みだ。

アパレル関連テナントでは、大阪初出店の「Gap Factory Store」や「ハニーズ」「オリヒカ」「ローエッジ」「ドッグデプト」「ABCマート」などが出店する。カジュアル主体のブランドである。

1週300mのランニングトラック

morinomiya_q_2.jpg

屋上のランニングトラック「エアトラック」

もう1つの特色が、屋上(3階)に設置されたランニングトラック「エアトラック」。北京五輪陸上競技の銅メダリストでアスリートネットワークの副理事長を務める朝原宣治氏が監修した。人工芝を張った1週300mのトラックは朝9時から夜11時30分まで無料で利用することができる。3階にはフィットネスクラブ「東急オアシス」があり、アディダスと協業したランニングステーション「RUNBASE」(ランベース)を開設。ウエアやシューズも貸し出すため、周辺のランニング拠点として活用することも可能だ。

morinomiya_q_4.jpg

キーテナントの「スーパースポーツゼビオ」

1階にあるキーテナントのスポーツ専門店「スーパースポーツゼビオ」では、ランニングシューズを手厚く品揃えしている。同店グループのロッククライミング施設「クライミング バム」も入居。前日の「アスリートネットワークLab.」のように、体験できる場としての要素も強化している。

そのため、既存の「キューズモール」のような売上目標は掲げにくい。前述の通り物販比率も低いため、「(従来施設に比べ)売り上げの伸びは低いと思うので、初年度の売上目標を設定する意味があまりない」(東急不動産 都市事業ユニット 都市事業本部長、岡田正志 取締役 常務執行役員)という。初年度来館者数は400万人を想定。投資額は非公表。ターゲット層は地元住民を中心に幅広い年齢層を想定している。

(樋口尚平)