デニム系ニュースを中心に業界情報を網羅

ベストジーニスト2016に藤ヶ谷太輔、菜々緒ら選出

ベストジーニスト2016に藤ヶ谷太輔、菜々緒ら選出の画像

日本ジーンズ協議会が主催する第33回ベストジーニスト2016が決定、10月11日に発表された。ジーンズを着る楽しさ、ジーンズ商品の持つ意味を多くの方々に知ってもらうために1984年からスタートし、今年で33回目を迎えた。

全国の一般投票によって選ばれる一般選出部門に今年はアイドルグループ「キスマイフットツー」の藤ヶ谷太輔さんとモデル・女優の菜々緒さんが選ばれた。藤ヶ谷さんは14年、15年度にも同賞に選ばれ、今年度で殿堂入りを果たした。菜々緒さんは今回で初受賞となる。殿堂入りとなった藤ヶ谷さんは投票してくれたファンへ感謝のメッセージを送った。菜々緒さんは今月が誕生日ということで自分への最高のプレゼントとなったと話した。

bestjeanist_1012_2.jpg

協議会が推薦・選出する協議会選出部門には俳優の草刈正雄さん、モデルの押切もえさん、お笑い芸人の渡辺直美さんが受賞。

昨年ジーンズに焦点をあてたキャラクターコンテストの開催やオリジナルジーンズの開発を行っていた人気アニメ「ワンピース」に特別貢献賞が授与された。

草刈さんは俳優としてのキャリアを持ちながら、最近は大河ドラマ出演や正統派俳優とはかけ離れた一面がクローズアップされるようになり若者からも支持を集めている姿が「キープ オン ユア ジーンズスピリット」の精神に通じていることから選ばれた。日頃からジーンズを愛用しているという草刈さんは「ぜひとも貰いたかった賞に選ばれ、夢が叶いました」とコメントした。

押切さんはファッションモデルとして活躍するにとどまらず、最近は小説や絵画など、様々な分野で活躍している姿が、渡辺さんはお笑いタレントとしての活躍を中心にファッションリーダーとしても支持を集めている姿がジーンズ・スピリットの精神に通じていることから選ばれた。

bestjeanist_1012_3.jpg

表彰式後に行われたトークショーでは5人のジーンズに対する思いが語られた。菜々緒さんは「子供のころから見ていた賞をもらえると思わなかった。モデルをやっている以上ファッションに関する賞はもらいたいと思っていたので嬉しい」とコメント。

渡辺さんは「太っている人にとってジーンズは苦手なアイテムの一つだった。大きいサイズのジーンズがないのが悔しくて、自分でブランドを立ち上げました」と体型によるジーンズファッションの悩みを告白。渡辺さんのブランド「プニュズ」で発売したジーンズは即完売したというエピソードも披露した。

この日のコーディネートについて押切さんは「穿き心地の良いスキニージーンズをメインに白のトップスでシンプルに大人の女性らしいコーディネートにしました」とのこと。

藤ケ谷さんは過去2回はダメージジーンズでの登場だったが、今回は殿堂入りも果たすということでノーダメージのシンプルな5ポケットをチョイスした。

菜々緒さんはジーンズが主役の日ということでデニム オン デニムのコーディネートで登場したとのこと。

草刈さんは自身を「オシャレ音痴」と自称。いつもジーンズで季節によってトップスを変えるくらいと控え目なコメントをした。

渡辺さんは自身のブランドのデニムワンピースで登場。ポイントは目玉焼き柄の刺繍とのこと。食べ物が好きでデザイン要素にも食べ物モチーフを入れることが多いそうだ。

受賞者それぞれが抱くジーンズに対する情熱や思い出など、終始笑いが絶えないトークショーとなった。

(ファッションライター 苫米地香織)

一般選出部門(投票総数:121,690票)
男性:藤ヶ谷太輔(キスマイフットツー)得票数52,716票
女性:菜々緒 得票数25,831票

協議会選出部門
草刈正雄
押切もえ
渡辺直美

協議会選出部門 特別貢献賞
ワンピース(アニメ)

一般新人部門
グランプリ:長谷川侑紀
準グランプリ:荻原菜穂