• Photo by: Fashionsnap.com
  • @Tokyo Midtown Hall
  • Date: 2011.10.15
  • Time: 14:30

 初開催の「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO(メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京)」に先駆けて10月15日、東京・六本木の東京ミッドタウン・ホールを会場にチャリティファッションイベント「STEP WITH FASHION」が開催された。参加したのは、パリ・ミラノ・ロンドン・ニューヨークを代表する「JIL SANDER(ジル・サンダー)」、「DONNA KARAN NEW YORK(ダナ・キャラン ニューヨーク)」、「JOSEPH(ジョゼフ)」、「MISSONI(ミッソーニ)」、「Jean Paul GAULTIER(ジャンポール・ゴルチエ)」、「SONIA RYKIEL(ソニア・リキエル)」の6ブランドで、2011-12年秋冬ウィメンズコレクションを披露した。

 各ブランドのショーは、6人のデザイナーそれぞれの手書きのメッセージと共ににスタートした。トップを切った「JIL SANDER」は、ブラックにヴィヴィットカラーやフラワープリントを差し込み、スポーツとクチュールを構築的なフォルムで融合。「DONNA KARAN NEW YORK」や「SONIA RYKIEL」はファーを随所にあしらってグラマラスに描き、「Jean Paul GAULTIER」は深紅のスラウチなロングドレスを筆頭にクラシカルなムード。「MISSONI」はペールトーンをミックスしたマキシ丈のニットドレスを並べ、ドリーミーなコレクションを展開した。

 東日本大震災の復興支援のために開催された「STEP WITH FASHION」は、3回公演で各回およそ600人を動員。入場料の全額は「読売光と愛の事業団」を通じて寄付される。

2011.10.15 (17:30)