2016〜2017年の出店退店から探る、いま注目のスポット【まとめ】

(上)GINZA SIXの外観イメージ、(左下)渋谷キャスト外観イメージ、(右下)「マロニエゲート銀座」外観イメージ

 2016年は原宿・渋谷・青山エリアに人気ブランドの出店が集中し、「東急プラザ銀座」や「ニュウマン(NEWoMan)」などの大型商業施設の開業が相次ぎました。2017年も、銀座エリア最大の商業施設「ギンザ シックス(GINZA SIX)」や「マロニエゲート銀座2&3」など、注目の施設が開業を控えています。2016年〜2017年の出店情報と注目スポットをまとめました。

"激戦区"銀座が、また変わる

 今年、「東急プラザ銀座(TOKYU PLAZA GINZA)」や「パズル ギンザ(PUZZLE GINZA)」「銀座プレイス(GINZA PLACE)」など、商業施設が続々と新設された"激戦区"銀座。この勢いは2017年も続き、松坂屋銀座店跡地を含む2街区に銀座エリア最大の商業施設「ギンザ シックス」がオープンするほか、32年間にわたって営業してきた「プランタン銀座」が「マロニエゲート」として新たに生まれ変わります。

■エリア最大の商業施設「GINZA SIX」

ginza6_20161026_001-thumb-660x379-613447.jpgginza6_20161026_006-thumb-660x462-613441.jpg

GINZA SIX

 「Life At Its Best〜最高に満たされた暮らし〜」をコンセプトに、飲食からビューティ、ファッションまで全241テナントを集積。その内半数以上の122店舗が旗艦店、11店舗が日本初出店、4店舗が世界最大級、65店舗が新業態になります。そして最も目立つのは、中央通りに面した6つの大型店舗。全長約115メートルに「ザ ハウス オブ ディオール (仮)(The House of Dior)」「セリーヌ(CELINE)」「サンローラン(SAINT LAURENT)」「ヴァン クリーフ & アーペル(Van Cleef & Arpels)」「ヴァレンティノ(VALENTINO)」「フェンディ(FENDI)」の6ブランドが2層から最大5層のメゾネット式店舗を構えます。開業日は2017年4月20日。

>>もっと詳しく

■GINZA SIX
開業日:2016年4月20日
商業施設面積:約4万7,000平方メートル※共有通路等を含む
店舗数:241店舗(物販210、飲食24、サービス7)
フロア構成:
地下2階 食物販
地下1階 ビューティ
1階〜5階 ファッション、服飾雑貨、ライフスタイル雑貨、カフェ他
6階 書籍、レストラン等
13階(一部) レストラン、バンケット他
営業時間:物販・サービス 10:30〜20:30
飲食 11:00〜23:30※一部店舗により異なる

■「プランタン銀座」が32年の歴史に幕、新生「マロニエゲート 銀座」へ

printemps_marronnier_ginza_02-004-thumb-660x467-582853.jpg

printemps_marronnier_ginza_02-003-thumb-660x367-582852.jpg

「マロニエゲート銀座」:プランタン銀座

 1984年4月に開業した「プランタン銀座」は、仏プランタン社との商号・商標契約の終了に伴い、2016年12月31日を持って32年の歴史に幕を閉じます。その後は「マロニエゲート銀座 2」「マロニエゲート銀座 3」に名称を変更し、現「マロニエゲート」と合わせて3館体制へ。「マロニエゲート銀座」2と3のストアコンセプトは「銀座おしゃれナビGATE」。年齢ごとのフロア構成からライフスタイル型の提案にシフトし、従来はアパレルのみだった2階〜4階の雑貨比率を50%にまで引き上げるなどMDを刷新します。一部店舗は2017年1月2日から営業を開始しますが、改装工事を経て全店そろって開業するグランドスタート日は2017年3月15日。

>>もっと詳しく

次のページは>>注目ショップの出退店相次ぐ原宿・渋谷エリア