11のキーワードと写真で振り返る2016年ファッションニュース

 今年もあと1日。2016年はオリンピック開催や今後の世界情勢を一変させるような選挙、ファッション界ではファッションカレンダーの再編など「変化」が顕著な1年になったのでは。今年1年の国内外のファッション界の動向をFASHIONSNAPで配信した記事の中から11のキーワードをもとにプレイバックしてみましょう。

関連ニュース>>ビッグコラボ、デザイナー去就、カレンダー再編...今年上半期のファッションニュース10選

【デザイナー】

 デザイナーの交代は、いわば"宿命"のようなもの。今年はラフ・シモンズエディ・スリマンなどのビッグネームの去就、ディオールに初の女性ディレクターの誕生、デザイナーの短期間での退任ニュースなどがありました。中でも下半期は若手デザイナーの退任ニュースが相次ぎ、デザイナーの育成、及び後継者問題がファッション業界が抱える課題として垣間見える1年でもありました。

designer.jpg

<就任>
「ランバン」エルバスの後任はブシュラ・ジャラールに決定(2016年3月11日)
「ディオール」新アーティスティックディレクターにマリア・ グラツィア・キウリが正式決定(2016年7月8日)
ラフ・シモンズが「カルバン クライン」チーフクリエーティブオフィサーに就任(2016年8月2日)
「ベルルッティ」新クリエーティブディレクターにハイダー・アッカーマン起用(2016年9月1日)
新体制「サルヴァトーレ フェラガモ」メンズ新ディレクターを起用(2016年11月18日)

<退任>
エディ・スリマンが「サンローラン」クリエイティブ・ディレクター退任(2016年4月1日)
「オスカー・デ・ラ・レンタ」 ピーター・コッピングが2年足らずで退任(2016年7月21日)
就任からわずか7ヶ月「ブリオーニ」のジャスティン・オシェイが退任
(2016年10月4日)

・ピーター・デュンダスが「ロベルト・カヴァリ」クリエーティブディレクター退任
(2016年10月12日)
マルニの創業デザイナー、コンスエロ・カスティリオーニが退任
(2016年10月21日)
カルヴェンのデザイナーデュオが退任、若手の交代続く
(2016年10月25日)
「DKNY」デザイナーデュオが退任へ パブリックスクールに注力
(2016年12月2日)


【KENZO】

 今年は「ケンゾーイヤー」とも言うべき新旧の「ケンゾー」が活躍した年だったのではないでしょうか。そごう・西武とイトーヨーカドーのプライベートブランド「セットプルミエ(SEPT PREMIERES)」では高田賢三をデザイナーに迎えてコラボレーションを発表。そして毎年恒例のH&Mコラボは、ウンベルト・リオンとキャロル・リムが手がける「KENZO」に決定し、高田賢三初期のコレクションからインスピレーションを得たアイテムが発売されました。

kenzo.jpg

髙田賢三が仏レジオンドヌール勲章を受章(2016年1月6日)
セブン&アイが高田賢三とコラボ「セットプルミエ」ゴルチエに続く第2弾(2016年5月19日)
「華やかじゃなきゃファッションじゃない」デザイナー高田賢三とセブン&アイのコラボ初披露(2016年8月18日)
【インタビュー】ファッション界の"生きる伝説" 高田賢三が再び第一線へ(2016年8月25日)
「KENZO×H&M」ジャン・ポール=グード演出、音楽・ダンス・ファッションが融合したショーをNYで開催(2016年10月20日)
創業デザイナー高田賢三に敬意を込めて ウンベルト・リオンとキャロル・リムが語る「KENZO × H&M」(2016年10月24日)

【アーバンラグジュアリー】

 2016年はまさにデムナ・ヴァザリアが率いる「ヴェトモン(VETEMENTS)」なしでは語れない年になりました。ストリートとラグジュアリーのMIXは勢いを増し、英国ファッション評議会主催の「The Fashion Awards 2016」では「インターナショナル・アーバン・ラグジュアリーブランド」という賞が新設されるほど。新たなカテゴリーとして確立したこの分野で、今後どんな新進デザイナーが登場するのでしょうか。

urbanluxuary.jpg

ヴェトモンやゴーシャ...今最も旬な「東ヨーロッパ」のファッションシーンを探る (2016年5月8日)
ロシアの気鋭デザイナー ゴーシャ・ラブチンスキー初のモノクロ写真集発売(2016年6月25日)
ロンドン発のスケートブランド「PALACE」写真集がIDEAから刊行(2016年7月30日)
「ルールなんて存在しない」ヴァージル・アブローがオフ-ホワイト直営店の本格オープンで来日(2016年9月12日)
ゴーシャ・ラブチンスキー、友人たちと新スケートブランド「ラスベート(PACCBET)」を立ち上げ(2016年9月15日)
LA発「アミリ(AMIRI)」セレブ支持の理由は "ラグジュアリー×カジュアル"の発想(2016年12月6日)
英国で最も権威あるファッション賞 「ヴェトモン」率いるデムナ・ヴァザリアが2冠(2016年12月8日)

【五輪】

 多くのメダル獲得で沸いたリオ五輪。選手の活躍はもちろん、色とりどりのユニフォームが登場した開会式や、東京五輪に向けた閉会式の引き継ぎセレモニーにも注目が集まりました。一方で2020年までには課題も山積み。"ダサい"と物議を醸したボランティアの制服が再考されるなど、来年も様々な議論が起こりそうです。

asics_20160526_012-thumb-660xauto-551819.jpg

【まとめ】どの国がおしゃれ?リオ五輪に向けて各国のユニフォームが続々(2016年5月2日)
リオ五輪開会式でジゼルが一晩限りのモデル復帰、ドレスはブラジル人(2016年8月6日)
リオ五輪日本シンクロ選手が試合で使用したコスメは?(2016年8月19日)
オリンピック卓球台の「秘密」とは?デザイナー澄川伸一がデザイン(2016月8月20日)
【動画】椎名林檎、MIKIKO、ライゾマ...リオ五輪閉会式の引き継ぎセレモニーを演出(2016年8月22日)
【ニュースの反響】東京オリンピックも期待?椎名林檎らが演出した引き継ぎセレモニーが好評(2016年8月22日)
折り紙、LED、早着替え......リオ五輪閉会式「旗引継ぎセレモニー」の衣装を解説(2016年9月13日)
椎名林檎らが演出したリオパラリンピック閉会式の旗引継ぎ式、アヤバンビも出演(2016年9月19日)
「東京都観光ボランティア」の制服を巡って再び議論(2016年12月27日)
"ダサい"と物議「東京都観光ボランティア」のユニフォームが再考へ(2016年11月25日)

【政治】

 今年はイギリスのEU離脱をはじめ、アメリカ大統領選や国内では東京都知事選など政治に注目が集まる1年でもありました。FASHIONSNAPでもファッション界の反応や政治とファッションの関係性など、様々な時事ニュースを配信しました。

tokyouniform_20161227-20161227_001-thumb-660xauto-632924.jpg

イギリスのEU離脱問題、英デザイナーらがクリエーション通じて意思表示(2016年6月22日)
EU離脱に英国人デザイナーは何を思う?27歳リアム ホッジスに聞く(2016年8月11日)
米Vogueが大統領選でヒラリー・クリントン支持を表明 創刊以来初(2016年10月19日)
女性政治家とファッションの関係〜着用スーツから見るイメージ戦略〜(2016年11月8日)
ファッション界にも衝撃、米大統領選トランプ勝利で業界から落胆の声(2016年11月9日)
米大統領選の結果を受け「安全ピン」で意思表示する動き広がる(2016年11月12日)

【黒船イベント】

 昨今のハロウィン人気にはじまり、今年はブラックフライデーの施策に多数の企業が乗り出すなど海外から上陸した"黒船イベント"が盛り上がりを見せました。ハロウィンは年々カオス化し、クリスマスやバレンタインをも凌ぐ一大イベントに成長。今年はコスチューム専門店が限定オープンしたり、渋谷交差点が歩行者天国になるなど街には仮装を楽しむ人々で溢れました。ブラックフライデーは今年、参加企業が増加し当日の店舗前には列ができるなどテレビをはじめとするメディアでも多数紹介されました。

halloween-chaos-shibuya2016-20161029_060.jpg

市場規模1220億円、アマゾンがハロウィンに向けて特設ストアをオープン(2016年8月15日)
ハロウィンで初、大パニックの渋谷駅前が歩行者天国に(2016年10月29日)
前夜の"不発"払拭、今年も渋谷駅前がハロウィンで大混雑(2016年10月29日)
"奇祭"渋谷ハロウィンで撮るカオス (2016年10月31日)
ギャップが2年連続でブラックフライデーを実施、昨年は行列も(2016年10月26日)
アメリカンイーグルが「ブラックフライデー」前夜にセール実施 スニーカーを100円で販売(2016年11月20日)
H&Mがブラックフライデーに初参加 黒がテーマのコレクションを限定販売(2016年11月24日)
「パタゴニア」ブラックフライデー当日の売上全額を環境保護団体に寄付 (2016年11月24日)
ブラックフライデー商戦が過熱、週末も各社でセール(2016年11月26日)

【閉店】

 1973年の開業から40年以上にわたり、様々なカルチャーを発信してきた渋谷パルコが建物の建て替えのため8月に一時閉店しました。ファッションデザイナーをはじめとする多くのクリエーターとコラボレーションを行うなど渋谷の文化を発信してきた施設だけに、最終日までお祭りのように周辺エリアを盛り上げました。2019年秋の再オープンが楽しみですね。


parco_shibuya_close-20160807_010-thumb-660xauto-577984.jpg

「渋谷パルコ」建て替えで一時休業へ、パルコ劇場も8月で休館(2016年4月6日)
ゴスロリ系ブランド「h.NAOTO」が全店閉店へ(2016年7月11日)
取り壊される「パルコ劇場」の名品をクリエーターがリメイク(2016年8月7日)
「渋谷パルコ」43年の歴史に幕 2019年秋の開業まで一時閉店(2016年8月7日)
12月に営業終了する「プランタン銀座」が3ヶ月間の売りつくし(2016年9月13日)
39年の歴史に幕「千葉パルコ」が閉店前最後のセール実施(2016年11月16日)



【日本撤退】

 今年は「オールドネイビー」「モンキ」「アメリカンアパレル」と、上陸時には賑わいを見せた外資系アパレルが相次いで日本撤退を発表。本国の経営判断ですが、世界的なアパレル小売の不況はもとより、外資のアパレル小売が日本市場で生き残っていくことの難しさを物語っているようです。大学生に人気のあのセレクトショップも来年始めに日本撤退との噂も。

close.jpg

米ギャップが「オールドネイビー」日本の全店閉鎖、「バナナ・リパブリック」も縮小へ(2016年5月20日)
H&M傘下「モンキ」国内店舗が全店閉店(2016年8月15日)
アメリカンアパレルが日本撤退 全店舗閉鎖へ(2016年11月10日)
アメアパ日本撤退に伴う最後のパーティー開催 (2016年11月28日)
1月末で全店閉店、日本撤退のオールドネイビーが最終セールを開始(2016年12月9日)
アメアパ日本撤退で"最後のパーティー"が盛況、アメ村店では過去最高の売上(2016年12月12日)
上陸21年で撤退した「アメリカンアパレル」米国外の全事業休止へ(2016年12月21日)



【国内】

 日本国内でのニュースではファッションウィークの冠スポンサーがアマゾンに代わり初めての開催を迎えました。FASIONSNAPでも今後の東京コレクションのあり方など業界の声を独自で調査し、過渡期を迎えた東京ファッションの前線をリポートしてきました。また、今年最も読まれた記事は自称トータル・ファッション・アドバイザーでデザイナーのYOKO FUCHIGAMIへのインタビューでしたが、業界内外から日本のファッションを盛り上げていく、そんな兆しが見えた1年になったのではないでしょうか。

Z-KOCHE_20161018_001-thumb-660xauto-609289.jpg

Amazonが東京ファッションウィークの冠スポンサーに決定 (2016年7月21日)
【アンケート調査】東京のファッションウィークについてどう思う?業界内外の声(2016年9月23日)
【インタビュー】「裸が一番のお洒落」YOKO FUCHIGAMIが語る新しいファッションショーのかたち(2016年10月4日)
パリ発「コーシェ」が原宿で路上ショー開催 ユナイテッドアローズがサポート(2016年10月20日)
ダブレットやヨウヘイオオノ選出「TOKYO FASHION AWARD 2017」受賞者発表(2016年10月21日) 


「サルバム」がDHL デザイナーアワードを受賞(2016年10月22日)
アマゾンジャパンが初のデザイナー支援プログラム「01」始動、第1弾はユイマナカザト(2016年10月21日)
ファセッタズム落合宏理が「毎日ファッション大賞 」獲得、新人賞はプラスチックトーキョー(2016年10月25日)
【インタビュー】アマゾンは日本のファッションウィークをどう変えていくのか(2016年10月31日)
「サルバム」がピッティウオモ初参加、ランウェイショーで新作披露へ(2016年11月9日)
「ヨシオクボ」がミラノで初のショー開催、アルマーニが支援(2016年12月14日)

【ミレニアルセレブ】

 モデル界ではインスタ人気を集める、ケンダル・ジェンナージジ&ベラ・ハディッドなどミレニアル世代が席巻。ジャスティン・ビーバーウィロー・スミスといったアーティストから2世までミレニアルセレブにまつわるニュースを配信しない日はないほど、ファッションとの結びつきがますます強くなってきています。

sns_celeb-thumb-660xauto-628527.jpg

「プーマ」がカーダシアン一家の末っ子カイリー・ジェンナーと広告契約(2016年2月18日)
【動画】「世界で一番なりたい顔」ケンダル・ジェンナーがエスティローダー新CMに登場(2016年6月7日)
シンディ・クロフォードの長男「モスキーノ」でランウェイデビュー(2016年6月13日)
シャネル、新アイウエア広告に弱冠15歳のウィロー・スミスを抜擢(2016年6月30日)
【動画】ジジ・ハディッドが「リーボック」アンバサダーに就任
(2016年10月12日)
ジジ・ハディッドが初来日「トミー・ヒルフィガー」イベントでファンとの"セルフィー"も(2016年10月12日)


ZAYNがデザイナーに、ヴェルサス ヴェルサーチとのコラボレーション発表(2016年10月13日)


H&Mがジャスティン・ビーバーの「Purpose」ツアーコレクションを発売(2016年12月1日)
コーチの新しい顔にセレーナ・ゴメス、デザインプロジェクトにも参加
(2016年12月19日)
クロムハーツがベラ・ハディッドとコラボ、SNSで発表
(2016年12月16日)



【死去】

 今年はNYのファッション界を長年に渡りフィルムに収めてきた伝説のフォトグラファー、ビル・カニンガムや「ネットの女王」の異名で呼ばれたソニア・リキエル、また年の瀬には伊版ヴォーグの編集者フランカ・ソッツァーニがこの世を去り、ファッション界に悲しみが広がりました。

デヴィッド・ボウイが癌で死去(2016年1月11日)
歌手のプリンスが死去、享年57歳(2016年4月22日)
建築家のザハ・ハディドが心臓発作のため死去(2016年4月1日)
「ニットの女王」ソニア・リキエルが死去、享年86歳(2016年8月25日)
イタリア版ヴォーグ編集長フランカ・ソッツァーニが死去(2016年12月23日)

 12のキーワードで2016年のファッションニュースを振り返ってみましたが、印象に残っているトピックはありましたか?FASHIONSNAPでは来年も独自の切り口で日本をはじめ世界で起きているファッションの「今」をお伝えしていきます。来年もよろしくお願い致します。