【アンケート調査】東京のファッションウィークについてどう思う?業界内外の声

photo by FASHIONSNAP

 東京のファッションウィークは、ショーや展示会、関連イベントを含めたファッションの祭典として、春と秋の年2回開催されています。1985年秋に「東京コレクション」がスタートして以来、体制を変えながら31年目となる今年は、新たにAmazon.comの日本法人アマゾンジャパン合同会社が冠スポンサーに決定。名称が「Amazon Fashion Week TOKYO」に変わりました。10月の初開催に先駆け、東京のファッションウィークの実状を調査し課題や意見を浮き彫りにするため、FASHIONSNAP独自のアンケートを実施。ファッション業界内外の様々な職業の方々から生の声を集めました。

【予備知識】東京のファッションウィークとは? これまでの歩み
 1985年に発足した東京ファッションデザイナー協議会(CFD)によって同年11月に第1回東京コレクションが行われ、以来20年間にわたって自主開催。2005年に日本ファッションウィーク(JFW)推進機構が立ち上がり、官民一体となって同年10月に「東京発 日本ファッション・ウィーク(JFW in TOKYO)」が初めて開催された。2010年7月に、JFWの自立化とグローバル化を図るため米IMGとスポンサーシップ販売代理店契約を締結。2011年から2016年3月開催までメルセデス・ベンツ日本が冠スポンサーを務め、2016年10月開催からはアマゾン ジャパン合同会社が冠スポンサーを務める。東京は「世界4大ファッションウィーク」(NY、ロンドン、ミラノ、パリ)に並ぶ主要都市の位置付けで、「世界5大ファッションウィーク」に含まれることもある。なお、JFW推進機構が掲げてきたファッションウィークのスローガンは次の通り。

1. 世界に向けた新人デザイナーの登竜門に
2.「創」(デザイナー)、「匠」(製造事業者)、「商」(アパレル・小売)の連携の起点に
3. 東京をもっとおしゃれで楽しい街に

【アンケートについて】

 FASHIONSNAPの独自アンケートは、ファッション関係者(経営者、デザイナー、広報、バイヤー、ジャーナリスト、スタイリスト、モデル事務所、等)をはじめ、ファッションに関わる可能性のある職種の方々を対象に幅広く実施。今回は集まった221の回答から、グラフとコメントで調査結果をまとめました。

Q1. 東京のファッションウィークおよび関連イベントに関わった・参加した経験はありますか?
Q2. 東京のファッションウィークの印象は?
Q3. あなたの職種にとって、東京のファッションウィークはビジネスの場になると思いますか?
Q4. 東京のファッションウィークはBtoBとBtoC どちらの方が良いと思いますか?
Q5. ファッションウィークは日本・東京に必要だと思いますか?
Q6. 東京のファッションウィークに必要、および参加して欲しいブランドは?
Q7. 東京のファッションウィークについてのご感想や、良い点、要望、課題、改善点といったご意見をお聞かせください。


Q1. 東京のファッションウィークおよび関連イベントに関わった・参加した経験はありますか?

 約9割が仕事および来場者として携わったことが「ある」と回答。「ない」と回答した人の理由としては「仕事上で繋がりがなかった」が最も多く、「充分な資金がない」(服飾デザイナー)、「一般消費者はメディアを通して見るという印象」(大学教授)、「参加ブランドに興味がない」(学生)といった声も寄せられました。

tfw.002.jpeg

Q2. 東京のファッションウィークの印象は?

 「とても面白い」から「かなりつまらない」まで用意した選択肢の中で、「どちらでもない」が過半数を占めました。その中には、側面によって印象が異なるという回答と、具体的な「印象がない」という回答が混在していました。次に多かったのが「つまらない」の23.6%、そして「面白い」と「とても面白い」の合計は約20%でしたが、いずれの回答にも課題を含んだコメントが目立ちました。

tfw.005.jpeg

【「とても面白い」「面白い」回答者のコメント抜粋】

・若手が粗削りながら元気。(経営者)

・東京のファッションの面白さに触れられる一方で、ファッション関係者向けのものが多く、異業種を取り込めたらもっと面白くなると思う。(学生)

・日本の技術力、クリエィティブ力を世界にむけて発信できるチャンスがある。少しずつだが、世界で通用するクリエーターが出て来ている。(生産・素材・工場)

【「どちらでもない」回答者のコメント抜粋】

・アジア圏のファッションウィークと比べてデザイナーのレベルは東京が上だがバイヤーや会場と観客の熱気はアジアの方が熱い。悪くは無いが、もっとおもしろくなるはずなのに伸び悩んでいる印象。(メディア・エディター・ジャーナリスト)

・ジャーナリストとして取材するのはブランドによって面白さは感じるが、マネタイズには遠い。全体的に日本ならではの良さがなく外部への発信や認知が不十分なこともあって、一般から見たら面白いつまらないの前に印象は「無」だと思う。(メディア・エディター・ジャーナリスト)

・つまらないとは思わないが、革新的であったり驚きであったり、といったことは特にないので、面白いという印象でもない。(バイヤー・ディストリビューター)

・日本を代表するブランド集まっているわけではないから、世界のファッション・ウィークと比較したら物足りない。しかしブランド単位で見れば、毎回新しい発見がある。(メディア・エディター・ジャーナリスト)

【「つまらない」「かなりつまらない」回答者のコメント抜粋】

・集客ができるブランド(ビジネス的にも成功していると言える規模のブランド)が圧倒的に少ない。(コンサルタント)

・ファッションウィーク自体の時代との不適合性。(経営者・クリエーター)

・誰の為のイベントで何を目的としているのか全くわからないから。(経営者)

次のページは>>ファッションウィークはビジネスの場になる?東京に必要?様々な本音