アーティスト集団2x4初の展覧会が東京に上陸

Prada Aoyama Exterior: Photo Courtesy of Prada
Prada Aoyama Exterior: Photo Courtesy of Prada

 PRADA、NIKE、MALIN+GOEZ、MoMA等、あらゆる領域のグラフィックデザインを手がけるアーティスト集団「2×4(ツーバイフォー)」による展覧会が、東京・表参道のGYRE(ジャイル)にて開催している。

 日本における初のエキシビジョン「IT IS WHAT IT IS」展は、多彩な領域に渡ってデザインをする受賞経験豊富なデザイン事務所2×4がこれまでに手がけた1000のデザインコンセプトについてのエキシビジョンとして、表参道GYRE3Fのギャラリー EYE OF GYREで開幕した。

 同展では、デザイン文化や、プロダクトデザインとプロセス等におけるデザインの遍在性、多様性、奥深さを、2x4の15年に渡る歴史の中で作り上げてきた1000の作品の展示を通して観衆に伝える事を試みている。また、展覧会と関連して、展示される1000の作品のイメージを収めた本を出版。この本を1000のデザイン作品を展示するためのものとして使用し、会場の壁が1000のページで埋め尽くされた。

 また、DESIGN MACHINEというソフトウェアを用いて、この本のコンテンツから無限に展開していく壁紙パターンを作り出し、会場の壁に映し出す展示も。更に、特別にデザインされた限定品を販売するショップも会場内に併設されている。

 この話題のエキシビジョンは、オンラインでも見る事が可能。オープンと同時に立ち上がったウェブサイト(www.iiwii.org)にも注目だ。


■IT IS WHAT IT IS
 会期:2009年9月17日(木)-10月18日(日)
 会場:EYE OF GYRE
 住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE3F