ドゥニーム創始者 林芳亨、新ブランド「RESOLUTE(リゾルト)」発表

「RESOLUTE」デザイナー 林芳亨 氏
「RESOLUTE」デザイナー 林芳亨 氏
画像: Fashionsnap.com

 「Denime(ドゥニーム)」の創始者として知られるデニム・デザイナー林芳亨(はやしよしゆき)氏は、住金物産の子会社エスビープラニングとともに、世界に通用する"メイド・イン・ジャパン"の新デニムブランド「RESOLUTE(リゾルト)」を始動。2010年5月18日(火)に行われた発表会で、こだわりのメンズ・ボトム4型を披露した。

 「RESOLUTE」は、英語で「毅然たる」「意志の強い」「断固とした」を意味する。林氏は、生地や縫製の"質"にとことんこだわり、旧式の染色方法、織機により、中国地方備後地区でオリジナル生地を完成させた。ほかとは全く違う毛羽立ち、ザラつき感は、はき込むことで絶妙な色落ちと風合いを生むように計算されたもの。過度な加工を施さないベーシックなスタイルで、様々なファッションや幅広い年齢層にマッチするデニムに仕上がっている。

 林氏は、1988年に「Denime」を立ち上げ、以後20年以上にわたり、デニムづくりに携わってきた。週に一度は必ず工場に通うほどの職人気質で、日本のデニム界からの信頼も厚い。林氏は会見で、「"ファッション"としてのデニムではなく"もの"としてのデニムを作りたかったが、ドゥニームでは難しかった。同じものが何年たっても同じ価格で手に入る、そんな"もの"をつくりたい。これが僕の夢だったんです。」と新ブランドへの思いを熱く語った。

 「RESOLUTE」デニムの価格帯は上代ベース22,000円を設定しており、3年後には10億円の売上げを目指す。