Fashion News

「TAKAHIROMIYASHITATheSoloIst.」ファーストコレクション発表

2010年07月05日 06:24 JST
画像: Fashionsnap.com
Our Sponsor

 元「Number(N)ine(ナンバーナイン)」のデザイナー宮下貴裕氏が、1年の沈黙を破り「TAKAHIROMIYASHITATheSoloIst.(タカヒロミヤシタ ザ ソロイスト)」として再始動。2010年7月5日、初のコレクションとなる2010 winter collectionをソロイスト「Lab.(ラボ)」で初披露した。

TAKAHIROMIYASHITATheSoloIst. 2010 winter collection レポート

 新たな一歩を踏み出した宮下氏は、「作る人、着る人、全てがソロイスト。プライベートでリラックスした服をとことん作り込んだ。これこそ"宮下の服"。」と話す。洋服への愛情から生まれた1stコレクションは、今、現在の宮下氏を表現。それぞれの服が、いくつもの時間を費やして生み出された。パジャマのように着心地のいい3ピースや、ライナーが主役のコート、レイヤード仕立てのシャツ、柔らかい綿のカットソー、スタイリングに欠かせないストールやブーツ、ハット、アクセサリーまで、トータル67型がラインナップ。素材や付属の特製を生かし、生地の重さや肌に感じるストレスを可能な限り排除した。得意とする19世紀の手法に、精密なソーイングマシーンワーク、ジャージーのベース地に表地を縫い付ける仕様、身体に馴染むカッティングなど、随所にこだわりが溢れる。

 1stコレクションは、2010年9月末より順次販売を開始。同時に、宮下氏自身がヴィジュアルデザインを手がけるフリーペーパーを発行し、12回分集めると1冊の本に製本してもらえるという新しい試みも。次回は8月にニットとルームウェアのコレクション発表を予定しており、今後も宮下氏はシーズンや発表形式に縛られず、「TAKAHIROMIYASHITATheSoloIst.」らしい自由なもの作りを続けて行く。